信州の戦争の歴史

おらほのまちでの戦争体験

戦地に送られた梵鐘の代わりに下げられた「沈黙の鐘」のメッセージ

昭和16年に公布された国家総動員法にもとづく金属回収令によって、生活のなかにあるあらゆる金属類は根こそぎ回収。お寺の梵鐘も戦地に送られた。写真は称名寺の石の鐘(信濃町)、明専寺の石の鐘(信濃町)、徳満寺のコンクリート梵鐘(飯綱町・いいづな歴史ふれあい館)、明円寺のコンクリート梵鐘(長野市豊野)

聴こう!石の鐘のメッセージ

「幸せになれる」と渡った満州で待っていたのは、ソ連侵攻と死の逃避行だった

「終戦も信じられず集団自決した六百余名の霊を慰めんとしてこの碑を建立す」。中野市・東山公園の「高社郷開拓団」の慰霊塔。「幸せになれる」という国策のもとで渡った満州でのソ連侵攻。関東軍は団をソ連軍の盾として見捨て、逃走。軍隊にも国にも見捨てられた高社郷開拓団は、親が自分の子を殺し、大人同士で殺し合う集団自決に追い込まれた。

満蒙開拓で満州に渡り集団自決した私の祖母の姉

戦争の悲惨さと平和の尊さを次世代に語りつぐ拠点とすることを目指す満蒙開拓団平和記念館。約27万人にのぼる満蒙開拓団のうち長野県は全国最多の3万3000人。特に阿智村のある飯田・下伊那は8300人余と県内最多。阿智村の開拓団には、後に“中国残留孤児の父”と慕われた長岳寺住職・故山本慈昭さんがいた。動画は前阿智村長の岡庭一雄さんの講演。「『幸せになれる』という国策のもとで、正しい情報が知らされないまま渡った満州で待っていたのはソ連侵攻と死の逃避行だった」「国の言う通りに追随していたら、自治体は、戦争荷担の、侵略の先兵になってしまう。それが満蒙開拓団に多くの人々を送り込んだ長野の村々の教訓だ。自治体は住民のためにどうしたら良いのかを一生懸命に考えなくてはいけない」

山本慈昭さんの精神を受け継ごう


松代大本営建設で連行された朝鮮人と地元住民の苦しみ

松代大本営は、アジア・太平洋戦争末期の1944年夏に、「本土決戦」を叫ぶ旧日本軍が最後の拠点として、東京から現・長野市松代町に、大本営、政府各省等を極秘のうちに移転することが計画され、建設が行われた地下軍事施設群。工事は鹿島組と西松組が請け負い、主に朝鮮人労働者が従事。その数は強制連行と自主渡航による7千人前後と推定されているが、工事犠牲者の数や実態は明らかになっていない。日本人も国家総動員法に基づき勤労動員された。学徒勤労動員もあった。

信州の戦争の歴史について書こうとする時、松代大本営建設は欠かせない

 

旧陸軍伊那飛行場跡地

伊那市にある旧陸軍伊那飛行場跡地。工事は学徒動員や朝鮮人の過酷な労働によって行われた。今は静かな住宅街。弾薬庫が民家の倉庫となって残っている。

特攻隊員として「所感」を出撃前夜に書き残した上原良司

上原良司は、陸軍特別攻撃隊第56振武隊員だった。1945年5月11日午前6時15分、三式戦闘機「飛燕」に搭乗し知覧基地から出撃、約3時間後に沖縄県嘉手納の米国機動部隊に突入して戦死、享年22。戦没学生の手記『きけわだつみのこえ』(岩波文庫)では「所感」という題名の遺書が巻頭に掲載されている。写真は上原の記念碑(池田町)、上原が特攻前に家族に別れを告げた場所(安曇野市)、妹の上原清子さん(松本市在住)

上原良司の妹、清子さんにお話をきいて

続きを読む 0 コメント

私たちはこれからも歴史を学びます。ときに時間を使い、足を使い、孤独になり、そして今を考えます。小さくてもできる自分自身の行動とともに。

長野県中野市、高社山の麓にある谷厳寺には、憲法9条の碑が建っています。このお寺には学童疎開を受け入れた歴史があり、「二度と戦争はしてはいけない」の思いの結晶です。また、高社山から名をとった高社郷開拓団が「幸せになれる」と信じて国策の満蒙開拓にむかった歴史もこの地にはあります。そこで待っていたのはソ連侵攻でした。終戦後も終戦を信じられず、600余名の人たちが親が自分の子を殺し、大人同士で殺し合う「集団自決」に追い込まれたのでした。

12・19スタンディングアピールでのスピーチ(千曲の母ちゃん)

私は昨年の安保法制の問題から政治に目を向け始めた主婦です。この1年で見てきたものや感じてきたことがあります。

 

先日、松代大本営についてお話を聞く機会がありました。小学生のころ見学へ行きましたがその時の自分の感じたことはいつしか忘れ去り、だからこそまっさらな気持ちで向かい合うことができました。朝鮮人労働の話を改めて聞いたり、その後本を読む中で、私の中で、70年も前の顔も知らない人たちに対して、そして歴史が作った差別によって今もなお苦しむ人たちに対して。初めて。恥ずかしいけれど初めて。日本という国がしたこと。自分の生きてきた国がしたことの重みを感じ、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

戦争の反省とは自分でも分かっているつもりでも、やはりどこかで戦争は昔の人がやったこと、ヘイトスピーチなどもやっている人たちだけが悪いという意識があったのだとおもいました。自分のこととして考える、想像する力が足りていなかったと気づきました。

 

憲法や教育基本法について知る中で原点にある「戦争の反省」を感じました。その一方、平和貢献や、平和利用という聞こえの良い言葉を使いながらも一番の根本である「反省」を抜かし、認めることさえも拒み、なかったことにしようとする歩みがあることも知りました。

 

戦争によって日本がしたこと。これはどんなに歴史の教科書から文字を消しても、行われた事実を消すことにはなりません。戦争の中で、その反省の中で、一番中心になるものは人の命です。失われた日本人の命も、日本人が奪った命も、その重みに違いはないのです。その重みに違いを付け、なかったかのようにしてきた人たちが、今日本人の命さえも軽視しこれは国際貢献だと言って戦場へ送り出しているのです。

命を産み、育む女性の一人として私はこれを許しません。

 

昨年発足したママの会のスローガンは「だれの子どももころさせない」です。自分のこどもを守るだけではない。誰のこどもも殺されたくない。誰かの子どもが誰かの子どもを殺させることもさせない。この言葉にはその覚悟があると、一人のお母さんが言いました。日本ができることは、命を捨てることですか?平和のためと言って誰かの命を奪うことですか?私は違うと思います。今、日本に必要なことは、もう一度、戦争を知ることです。それは戦争とは被害にあうことだけでなく、加害の立場にもなることを含めてです。南スーダンで少年兵になった子どもたちは、日本にとってどんな理由で敵とみなされるのでしょうか。日本が考える、ではないのです。相手から見て日本の自衛隊がどんな存在になるか、日本という国がどう見られるようになるかを考えてください。9条を掲げ、武器を持たずに歩んできた日本の役割は、もっと別の形で存在するはずです。

 

私のこの1年間は、知らなかったことを知れたという楽しいものではありませんでした。

知らなければよかったと思うことの方が多い毎日でした。女性や母親が運動をやっていることに対する社会からの見られ方もとても窮屈で、苦しく感じたこともありました。

 

私たちは流行に流され、目まぐるしい社会の変化に翻弄され、身の回りのことに必死で、真実を見つけるための時間を作ることも不可能かのような日常です。インターネットには真実のようなウソが真実のような顔をして溢れています。答えが欲しくて探してみても、また新しい情報に振り回され、疲れてきて離れようとしても置いて行かれる気がして手放せず、でもそれは信じる道を失いに自ら飛び込んでいるように感じます。人に会ったり、足を運んだりすることは時間も労力も必要です。けれどそこでの出会いや知り得た事実、対話を通して生まれた自分の考えはとても大切なものだと知りました。多くの誰かと同じだから正しいとか、他の人と考え方が違うから間違いとか、そういうことは問題ではないのです。

 

私はこれからも歴史を学びます。時に時間を使い、足を使い、孤独になり。そして今を考えます。小さくてもできる自分自身の行動とともに。

0 コメント

「ああ 父さんよ御無事でと 今夜も 母さんと 祈ります」-戦意高揚と戦争との訣別と

「里の秋」

多くの人の愛唱歌「里の秋」の歌碑が、長野市松代のつつみ公園にあります。

作詞者の悔恨の思い

続きを読む 0 コメント

「信州に関わる戦争について書こうとする時、松代大本営建設で連行された朝鮮人と地元住民の苦しみ、そして満蒙開拓は欠かせない」(児童文学作家で映画「望郷の鐘」原作の和田登さん)

10月28日、信州の戦争の歴史に詳しい和田登さん(児童文学作家、映画「望郷の鐘」原作)のお話を聞く会をおこないました。テキストに和田さんが書かれた「キムの十字架 夏海の、これから」。

 

この小説の「高子バーバ」のモデルになっているのが山根昌子さんです。

 

“山根昌子(やまねまさこ)さん、1939年生まれ。父は朝鮮人、母は日本人。第二次大戦末期、父は松代(まつしろ)大本営の工事に動員され、一家で朝鮮人飯場に住まわされていた”

“彼女は東京で模型店を経営しながら、懸命に子どもを育てる。『戦争』も『朝鮮』も忘れたい言葉だった。だがある日、松代大本営について書いた本と出合い、逃げずに自ら真相を究明する決意を固める”

“ここで一体どれだけの朝鮮人が犠牲になったのか。その一人一人が名前を持ち、家族や友人がいて、温かな血の流れるかけがえのない人間だった。せめて真実を明らかにし、彼らの魂を手厚く弔いたい-。遺体の行方すらわからない松代大本営の闇に、山根さんは挑んだ”

コラム「南風」 山根昌子さんの憤死 - 琉球新報2012年8月28日

 

「松代大本営について書いた本」というのは、和田さんが書いた小説で、アニメ映画化もされた「キムの十字架」。日本軍によって弾圧された朝鮮人の若者の眼を通して戦争の犠牲となった朝鮮の人々の姿が描かれています。

 

和田さんは、「信州に関わる戦争について書こうとする時、松代大本営建設で連行された朝鮮人と地元住民の苦しみ、そして満蒙開拓は欠かせない」「今日に戦争を考える際に、どうしても落としてしまうことは、加害者の側に立った想像力を働かすこと。戦争を題材にした多くの児童文学作品がありますが、それらは兵隊になって戦争に出て行ったお父さんを失う悲しみを描いていますが、その出て行った兵隊たちがなにをしたかは描かれていない。向こうにいって何をしたかという実態をもっともっと私達は知るべきだと思います」と言います。

 

松代大本営

松代大本営は、アジア・太平洋戦争末期の1944年夏に、「本土決戦」を叫ぶ旧日本軍が最後の拠点として、東京から現・長野市松代町に、大本営、政府各省等を極秘のうちに移転することが計画され、建設が行われた地下軍事施設群です。

 

松代は海岸線から遠く、岩盤が堅いなどの理由で選ばれたとされています。象山、舞鶴山、皆神山一帯に独立した地下壕が掘られ、象山(イ地区)には政府、日本放送協会、中央電話局を、舞鶴山(ロ地区)には天皇御座所、大本営、宮内省関係を、皆神山(ハ地区)には食料庫を予定。壕の総延長は10キロを越え、終戦時には80%以上ができていました。

 

工事は鹿島組と西松組が請け負い、主に朝鮮人労働者が従事。その数は強制連行と自主渡航による7千人前後と推定されていますが、工事犠牲者の数や実態は明らかになっていません。日本人も国家総動員法に基づき勤労動員されました。学徒勤労動員もありました。

  

和田さんは、長野市民新聞2014年8月26日付で次のように書きました。

“この工事の本質は、その工事主任であった吉田栄一大尉が憲兵の一員に告げた言葉「労務者は機械だ。あなたがたは人間だ。人間は口をきく。だから話せない」と、憲兵にさえ何の工事か明かさなかった言い方に表れている。人権を無視した労働だった”

“朝鮮本土で日本軍の収奪にあい、やむなく日本に渡航し、ここで働かざるを得なくなった人々を自主渡航組とよぶが、いったんこの工事に組み込まれると『連行組』同様、生きるか死ぬかの強制労働だった…ここに到着した形が強制的か自主かにとらわれると本質を見失う” 

 

沖縄戦は、この工事の時間稼ぎでおこなわれた、と言われています。 

長野市誌第6巻(2000年編纂)から

続きを読む 1 コメント

山本慈昭さんの精神を受け継ごう(映画「望郷の鐘」原作・和田登さん)

毎月19日の長野市のアクション、8月19日は映画「望郷の鐘」原作者の和田登さん(長野市在住)から「山本慈昭さんの精神を受け継ごう」というメッセージをいただきました。映画「望郷の鐘」の主人公の山本慈昭さんは、長野県下伊那郡阿智村の出身。みずからも満州で過酷な体験にあいながらも、生涯を中国残留孤児たちの肉親探しにささげ、献身的な愛で支えました。

山本慈昭さんの精神を受け継ごう

現代は、世界各地での紛争や戦争、テロなどが話題にのぼらない日がないほどになってきています。

そのような様相に地球上がおおわれてきている理由の一つに、経済のグローバル化があげられます。グローバル化してくるにつれ、自国の経済エゴイズムにおちいり、ナショナリズムが勢いづいてきます。

自国の繁栄のためには、他国や異民族のことなどかまっていられるか、といった風潮に陥っているのです。

そうしたなか、日本の安倍総理は、「歴史と謙虚に向き合い」と、全国戦没者追悼式典で述べていましたが、私には虚言としか思えませんでした。

「積極的平和主義」をとなえつつ、それに反する武器輸出に熱心な姿は異様に感じられます。兵器産業で落ち込んだアベノミクスを挽回しようとするのでしょうか。

なお、過去の日本の犯した醜い歴史についても、教育現場やメディアには隠ぺいをしいる戦後最も危険な総理です。けれど、それを支える組織勢力が多数存在します。組織以外でも、歴史について正しい知識をもたない世代が育っており、このままいくと、ますます日本式のナショナリズムが頭角を現し、また戦争へと向かいかねません。 

私たちが現在、最も欠けているのは、よその国や異民族に対する想像力

それを思うと、中国残留孤児の父と言われ、多くのみなさんがご存じの山本慈昭さんの精神を思い出します。満蒙開拓で犠牲になった大陸に眠る人々の遺骨拾集よりも、平岡ダム工事に連行され犠牲になった中国の人々の遺骨を拾集し慰霊することの方が先だと、決心したその精神です。

それは当時の国策にのせられ、大陸侵略の片棒をかついでしまった痛烈な反省からきております。慈昭さんの頭のなかには、異国で亡くなった中国人労働者たちの家族や友人・知人の嘆き、悲しみを思う想像力がありました。

私たちが現在、最も欠けているのは、よその国や異民族に対する想像力ではないでしょうか。そして、顔を合わせて語り合うことによって、異民族や、他国間どうし戦争を回避できるという確信です。その確信は、歴史を学ぶことから得られる知恵によって生まれます。

最後に、もういちど繰り返します。山本慈昭さんの精神を受け継ごうではありませんか。

 

 

2016年8月15日記 和田登(映画「望郷の鐘」原作、児童文学作家) 

続きを読む 0 コメント

【信州・安曇野】「靖国には行かない」と特攻に散った上原良司が家族に別れを告げた場所で、私たちが感じたこと

安曇野の乳房川

特攻隊員・上原良司の妹、清子さんに聞き取りをしました。良司も清子さんも大好きだった安曇野の乳房川へ。ここは良司が故郷を離れるときに三度も「さようなら」と言って別れを告げた場所。

 

3人のお兄さんを戦争で亡くした清子さん。

───あの戦争はどうして始まったんでしょうね。

・・・・すみません。

・・・・皆さんは歴史に学び、自分の考えをしっかりもってください。 

上原良司が遺書にしるした石川啄木の短歌

続きを読む 1 コメント