安倍改憲に反対します

子どもは生まれてくる時代を選べない。目の前の変化に絶望することなく小さくても足元でできることを(千曲の母ちゃん)

日本は太平洋戦争後、その大きな反省を憲法に込めました。時の権力が暴走しないように。情報が隠されないように。人権が侵されることのないように。そして二度と戦争を起こさないように。

 

しかし今日に至るまでには武器輸出三原則は事実上なくなり、今は平和貢献のための「移転」と言葉を変えて外に出せるようになり、ミサイルなどを共同開発したりしています。国際貢献と聞こえの良い名前の下、日本が製造したものが戦闘で使われ人が死ぬ日がもう来ているのです。安保関連法だけでなく2013年の特定秘密保護法成立や2016年通信傍受法改正、そして今国会の共謀罪法と国の形を変える仕組みは整いつつあります。

 

太平洋戦争はある日突然始まったわけではありません。市民の生活への変化もひたひたと、教育現場での変化も次第に。様々な法改正の中、国民が戦争を受け入れざるを得ないような、また「おかしい」と声をあげられないような仕組みが整った上での開戦だったのです。日常が日常でなくなり、家族や親せき、近所の男の人が兵隊として戦争へ行き、死に、その死さえも当たり前のこととして受け止めなければならなかった異常さ。あの時代、自分の大切な人や子どもに「行かないで」「死んではいけない」と声を上げることもできないまま戦地へ送り出した母親の行き場のない悲しみ、怒り、自責の念。「しょうがなかった」は、もう絶対に繰り返させてはならないのです。

 

子どもは生まれてくる時代を選べません。産まれた場所が戦場であればそこで生きていくのです。そしていつも犠牲になるのは市民、子どもです。戦争や紛争にどんな理由をつけても命を奪うその行為に正しいことなどはひとつもありません。

戦争の反省の下、国民が受け入れた日本国憲法9条。その精神を「自分の国の子どもをころさせない」ためだけの戦争放棄ではなく「世界中の子どもを誰一人戦争でころさせない」精神として武力での紛争解決ではない道筋を世界の先頭に立って作る国であって欲しいと願います。

 

この間、何よりも強く感じたことは今の子どもたちに多くを求めるよりもまず、今の大人がもっと主権者としての意識を持つことが必要なことではないかということです。まったく政治へ興味を持たず生きてきた自戒を込め、親である前にまず1人の大人として、無関心と「答え待ち」によりこの国を今の流れに導いた者として責任を感じます。目の前の変化に絶望することなく小さくても足元でできることを、同じように「知りたい」「何とかしたい」の気持ちを持つ人とつながり模索していきたいと思います。

 

戦後の平和を守ってくれたのは戦争に行った人たち、それを送り出した人達の深い後悔(洋子さん)

昭和21年11月3日。戦後、日本の礎となる日本国憲法が誕生しました。

憲法はそれから70年の長きにわたり日本の平和を守ってくれました。

しかし、最近私はちょっと違うと思っています。戦後の平和を守ってくれたのは戦争に行った人たち、それを送り出した人達の深い後悔だったのではないでしょうか。

何故なら、その時代を生きた皆さんが元気なうちは決して出来なかった秘密保護法・防衛装備移転三原則・集団的自衛権・共謀罪、これらが可決してしまったからです。

私たちはその理由について考えなければいけないと思います。

私には戦争の記憶はありません。

今、政権の中枢にいる国会議員の皆さんも戦地に行った経験はありません。

先代の作った平和な世を生きてきた私たちは日本国憲法の意味も知らず、平和が当たり前、民主主義が当たり前と思っていました。

私たちは憲法と言う揺りかごの中で守られ人生を謳歌してきました。

しかし今、揺りかごを編んだツルが一本また一本と切られていっています。

その事に気づかない多くの国民がいるのが現実です。

こんな事を言うと怒られるかもしれませんが、アベ政権は出てくるべき時に出てきた気がします。

 

私たち日本人は戦争の総括をきちんとしたでしょうか?

私たち日本人は憲法の精神をよくよく学んできたでしょうか?

私たち日本人は次の世代の日本人の事を真剣に考えているでしょうか?

 

反省は次に生かす為にあります。

しかし、あきらめちゃいけない。

あんなどろっどろのお友達内閣なんか通しちゃいけないと思いませんか!

森友とか加計とか、誰が見ても黒です。控え目に言ってもグレーです。

言っときますがグレーは白じゃありません。

原発だってTPPだって武器を作ったり売ったりするのだって、自衛隊員を戦地に送るのだって本気で喜んでる人がいるでしょうか!

玄関に鍵をかけない人。田舎にいったらいっぱいいますよね。

人を信用してるから出来るんです。監視社会を作る共謀罪なんか早いとこひっくり返さないと日本人の性格がどんどん悪くなりますよ。

 

みなさん、アベ政権って変だと思いませんか?

思ってたら声に出してみませんか?何か変だよねって言ってみませんか?

日本中に沢山のあなたがいます。政治的という理由で声を出せないあなたがいます。

だから、あなたが声に出す事で日本はきっと変わります。

都議選でアベ総理は反対の声をあげる群衆に向かって、「こんな人達に負ける訳にはいかない」と言いました。

とても国民の代弁者であるべき一国の総理大臣のセリフだとは思えません。私たちこそ言いたい。「あんな人達に政治を任せる訳にはいかない!」

どうぞ声を出す勇気を持ってください。

あなたが一般人かどうかは政府が決める事ではありません。

あなたが一般人かどうかは、あなた自身が決める事、日本国憲法がある限り主権はあなたのものです。

 

「道徳の教科化」に思うこと(なつみさん)

来年度から小学校で道徳が教科になります。今までも道徳の授業はありましたが、教科となるのは戦後初めてです。何が変わるのか。それは通知表での評価がつきます。

   

私は2年前、小中学校の学習指導要領の一部改訂によりこのことが決まりそうと知りました。考え方は人それぞれ『みんなちがっていい』はずなのに、子どもたちの考えが良いか悪いかを先生が評価しなくちゃいけないなんて、絶対に嫌だ、こんなことやめてほしいと思い文科省へ抗議のFAXを送ったりもしました。けれど結局改訂が決まり、実施がいよいよ来年度からに迫っています。

 

   先日、来年度から小学校で子どもたちが使う道徳の教科書を見に展示会へ行ってきました。今までの文科省作成の冊子もそうですが、教科書の中身は良い子像のおしつけばかり。これで文科省が目的にあげているいじめをなくすことにつながるとはとても思えません。より陰湿ないじめが増えるような気もします。また、「家族愛、家庭の充実」として父母、祖父母を敬うこと、我が国や郷土を愛する心をもつことを教えるとしていて、これは安倍首相が推し進めたい自民党改憲草案の中身にも通じています。

 

いま、学校教育が安倍首相や同じ理念を持つ人たち、経済界のえらい人たちの理想を実現するためのものにどんどん変えられてきていて、子どもたちの成長のための教育ではなくなってきています。来年には中学校で道徳が教科に、再来年以降には今年行われた小中学校の学習指導要領改訂の全面実施によって学習内容がさらに増え、子どもたちも先生もますます追い詰められていくでしょう。本当におそろしいです。

道徳の教科書は今回8社から出版されて、中には子どもの権利条約や世界人権宣言が載せられていたり、限られた決まりの中で良い教科書を作ろうとしたのでは?とみうけられるものもありました。道徳の教科化が決まっている以上、これからある教科書採択の作業においては、子どもにとってより良い教科書を採択していただくことを望みます。そしてやはり、子どものためでない道徳の授業は廃止することを望みます。

   

学校教育のことも改憲のことも、子どもたちの自由な未来のために、微力ですがこれからもできることを続けていきます。

11月3日は憲法公布70年。私たちが「知ってみよう憲法のこと」リーフレットを作成した思い(ママは戦争しないと決めた実行委員会@長野)

ダウンロード
憲法リーフ表面折タイプ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.4 MB
ダウンロード
憲法リーフ内面折タイプ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.5 MB

安保関連法を「戦争法」と呼ぶことについて、様々な意見がありますが、戦争できる国づくりへ大きく一歩また踏み出したその通りの名前でしょう。

日本は太平洋戦争後、その大きな反省を憲法に込めました。時の権力が暴走しないように。情報が隠されないように。人権が侵されることのないように。そして二度と戦争を起こさないように。

しかし今日に至るまでには武器輸出三原則は事実上なくなり、今は平和貢献のための「移転」と言葉を変えて外に出せるようになり、ミサイルなどを共同開発したりしています。国際貢献と聞こえの良い名前の下、日本が作った兵器で人が死ぬ日がもう来ているのです。

 

安保関連法だけでなく2012年の特定秘密保護法や2016年通信傍受法、2017年には過去3回廃案になった共謀罪が閣議決定。その他にも少しずつ国の形を変える仕組みが整いつつあります。

 

太平洋戦争もある日突然始まったわけではありません。市民の生活への変化も少しづつ、教育での変化も次第に。その以前には今と同じように様々な法改正の中、国民が戦争を受け入れるような、また「おかしい」と声をあげられないような仕組みが整った上での開戦だったのです。

日常が日常でなくなり、家族や親せき、近所の男の人が兵隊として戦争へ行き、死に、その死さえも当たり前のこととして受け止めてしまうような、誰も止めることのできないところへ行ったのです。

 

過去を学び、今を知った時、現在の状況こそがその「変化の時」だと感じます。 あの時代、自分の大切な人や子どもを「行かないで」と「死んではいけない」と声を上げることなく戦地へ送り出した母親の行き場のない悲しみ、怒り、自責の念。 「しょうがなかった」は、もう絶対に繰り返させてはならないのです。

 

今も南スーダンではいつジェノサイドが起こるか分からない緊迫した状況が続いています。政府軍にも反政府軍にも少年兵がいます。誘拐され生きるために銃を持たされている子どももいるのです。 子どもは生まれてくる時代を選べません。産まれた場所が戦場であればそこで生きていくのです。そしていつも戦争で犠牲になるのは市民、子どもです。

 

戦争にどんな理由をつけても命を奪うその行為に正しいことなどひとつもありません。 戦争の反省の下、国民が受け入れた9条。その精神は「自分の国の子どもをころさない」ではなく、「世界中の子どもを誰一人戦争でころさせない」の精神として武力での紛争解決ではない道筋を先頭に立って作る国であって欲しいと願います。


1 コメント

「安保法でどうなるの?」リーフレット(安保関連法に反対するママの会信州)

「安保法でどうなるの?」

ママ目線で、ちょっと難しい問題をやわらかく、わかりやすくまとめています。

「ママ友達にも気軽に渡せる」がテーマ(^-^)/

鉛筆手描きのシロウト風ですが、信州大学の成澤孝人教授に添削していただいてるので中身はシロウトではありませんよ~!

是非ぜひ、身近な方にもちょっと遠い方にも読んでもらって、皆で想いの共有の輪を広げていきましょう!

※二次加工はご遠慮ください。

ダウンロード
リーフ表1608.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB
ダウンロード
リーフ裏1608.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB

ママの会信州の一年

続きを読む 0 コメント

安保法制に関連して重い刑罰をつくればつくるほどに、共謀罪が連動して当然に増える。それによって、激しい監視社会になっていく

※2014年8月14日の文章です。2015年9月19日に安保関連法が成立しました。教育現場での密告奨励の動きもすでにおこっており、共謀罪の創設は危険性がよりいっそう、うきぼりになってきたといえます。(2016年8月26日)

秘密保護法と共謀罪

秘密保護法で共謀罪の先取りをしました。特定秘密を漏らした公務員は10 年以下の懲役等々、重い刑を定めましたが、それを共謀したものは5年以下の懲役としています(25 条)

 

それによれば、特定秘密にアクセスしようとしていくと「共謀」との疑いを掛けられる。「犯罪は摘発しなければならない。共謀はつかみどころもないものだけれども、犯罪と決めたのだから見逃してはならぬ」ということになっていく。そこでは、尾行もいいだろう、盗聴も広く認めていこうとなる。そういう薄気味悪い空気が蔓延します。このように日常的な市民監視が当然とされ、強化されていきます。

 

新たに広く「共謀罪」をつくるということは、実は「監視社会へのステップ」ということができます。どのようにしてステップさせるのか。憲法秩序を破壊して集団的自衛を認めよう、そういう法体系にしていこうと狙っている安倍政権の動きに照らし合わせて考えてみましょう。

安保法制のたくらみと共謀罪

安倍政権はいろいろな安保法制をたくらんでいます。そういう中で、例えば「正当な理由なく基地の写真撮影をした者は5年以下の懲役とする」という法ををつくったとしましょう。これは、「長期(刑の上の限界)4年以上の刑を定めている罪」となりますから、自動的にその「共謀」も処罰されることになる。そうなれば、基地撤去の国民運動はどうなるでしょう。軍拡反対の運動は。

このように、こと安保法制に関連して重い刑罰をつくればつくるほどに、共謀罪が連動して当然に増える。それによって、激しい監視社会になっていく。

 

ここで注意です。共謀罪は詐欺集団、暴力団、テロに関係することを問題にするだけだ、そんな暗黒社会は予想しなくていいという宣伝が出てきます。要警戒です。

 

市民の相互監視、密告奨励が横行する

続きを読む 0 コメント