「戦争がなくなったら、石の鐘は下げてとりかえましょう」ー「石の鐘」の物語

長野県の北部、信濃町と飯山市との境にある集落・富濃。そこにある浄土真宗本願寺派称名寺には「梵鐘記念 昭和十七年十月」と刻銘された石が吊るされています。

昭和16年に公布された国家総動員法にもとづく金属回収令によって、生活のなかにあるあらゆる金属類は根こそぎ回収。称名寺の梵鐘も、昭和17年、門信徒の手によって戦地に送られました。大砲の弾丸になったとも言われています。門信徒は寺の近くにあった石をそこに吊るしました。70年以上を経たいまも「石の鐘」はそのまま沈黙しています。

なぜ、石の鐘のままにしているのか。こたえのてがかりは、この寺の女性の僧侶、佐々木五七子さんの、この言葉。

「いま、世の中は平和ですか? 平和ではありませんね。こうしているあいだにも、戦車や爆撃による殺し合いで、なんの罪もない子どもや老人、赤ちゃんまでもが死んでいます。そういう戦争がなくなったら、石の鐘は下げてとりかえましょう」。

シダレザクラのこと、みっちゃんのこと

やだネットと飯綱町9条の会で、「石の鐘」の長野県信濃町・称名寺の見学と住職の佐々木五七子さんのお話を聞きに行きました。

 

五七子さんの後ろのシダレザクラは、戦時中の食料増産のために、切って畑にしようという計画があったそうです。ある日、白い腕章をまいた男4人組がやってきました。

当時15歳の五七子さんは「大切な鐘を奪われ、シダレザクラまでも奪われてたまるか」と、「あんなきれいなサクラを切るかわり、どれだけの食料増産ができるかしめしてください」と激しくつめよりました。「4人組はなぜかよくわからないけど帰って行ったよ」と五七子さん。

 

五七子さんは「聞いてほしいことがあるんだ」と話を続けました。幼なじみのみっちゃんのこと。

みっちゃんは、家族で満蒙開拓に渡り、一人生き残ったといいます。みっちゃんは中国人に4度も売られ、辛い思いに会い、井戸の中に飛び込んで自殺することも考えました。

そんなみっちゃんの救いになったのは、4回目の身売りで「お母さん」になってくれた人の存在でした。心底やさしくしてもらって、本当にうれしくなって「ずっと中国で生きていこう」と思った矢先に、引き揚げ船で日本に帰ることを説得され、帰国しました。

 みっちゃんは帰国後、カトリックの仕事をするようになり、今は台湾に住んでいます。今でも「お母さん」への恩返しがしたい、と思い続けています。

 みっちゃんが帰国するときは、五七子さんのところに泊まり、まるで小さいときのように仲良くお話しながら、いっしょに寝ます。

 

五七子さんはいいます。「みっちゃんはキリスト教、私は仏教。ムハンマドだって、キリストだって、仏陀だって、みんな『思いやりの心』を教えているよ。宗教は違ったって、気持ちはみんな一緒。戦争はやだよ」

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Yasuhiro Road (金曜日, 17 4月 2015 05:09)

    この写真は現在でしょうか。私の幼い頃から三十数年前までこの写真と同様な鐘突き堂(そう呼んでいました)の姿がありましたが、現在は多分、檀家の寄進などにより梵鐘がとりつけられ、除夜の鐘を付く姿が見られます。国家の責任で返還されるべきところなのでしょうが。

  • #2

    畠山時久 (金曜日, 17 4月 2015 08:56)

    原発絶対反対!!世界平和嘆願します。

  • #3

    木村英人 (金曜日, 17 4月 2015 09:37)

    戦争は嫌です。人に殺されたくはないし、人を殺したくもない。それが、一握りの集団の利益のために造られるものとしたらなおさらです。
    この石の鐘の運動で「戦争は嫌だ、平和を願う」人々を横に繋げることができれば、それは大きな世論となって今の戦争へと向かう流れを止めることも出来るかもしれないと思えます。

  • #4

    サマンサラジオ (月曜日, 04 5月 2015 09:53)

    ウチの図書館に本物の、金属供出申込書、と言うのがあります。石の鐘なのに大きな鐘の音が聞こえてきます。