シンポジウム「コロナと暮らし」9月5日(土)午後1時30分~ホクト文化ホール小ホール

基調講演:丸山貢一さん(信濃毎日新聞社論説主幹)
基調講演:丸山貢一さん(信濃毎日新聞社論説主幹)

主催は「コロナと暮らし」実行委員会(実行委員長・岡田和枝弁護士)。

 

信濃毎日新聞社論説主幹の丸山貢一さんが基調講演をおこないます。

 

医療、教育、学費、営業、ジェンダーなどの角度から、コロナ禍で起こっていることを発言・交流し、 私たちの社会・世界を見つめ、提言をまとめます。

 

新自由主義から転換し、国家がいがみあう不毛を乗り越え、人間が人間的なものに回帰し、助け合う未来に進むために舵をきろう。

 

 入場料500円(子ども・学生無料)、定員は150人でお申し込み制です。託児は1人300円です(事前にお申し込みください)。

 

参加のお申し込みを受け付けています。お名前と電話番号をご記入ください。

※託児やお問い合わせも受け付けています。

 

感染状況により変更等ある場合、ご連絡するようにします。

 

 

 

 

【お申し込み・お問い合わせ】

メモ: * は入力必須項目です