「戦争をなくすために必要なこと」(戦場カメラマン・石川文洋さん)

2014年6月14日、秘密保護法やだネット長野の主催で、戦場カメラマンの石川文洋さんの講演会に取り組み、百二十人が参加しました。宮川恵子さん(三十代・農家)の「世界から戦争をなくすために必要なこと、石川さんが希望と感じていることを教えてください」の質問に、石川さんは次のように答えました。 

 

人間は過去の戦争の教訓を生かせない愚かな点がある

人間というのは、月や宇宙にも行くし、深海にも行ったりするというすぐれたところもあるのに、過去の戦争の教訓を生かせない、愚かな点もあると思っています。かつて日本の戦争が終わったときに、あれだけ「戦争はしない」と憲法九条をつくって、私も終戦のとき、小学校二年でしたが、本当に戦争というものは絶対にダメだと思いました。それが今、政府の人もそうだけど、一般の人も戦争からかなり離れてますよね。戦後直後のように、「戦争は絶対にイヤだ」とはなっていない。口ではそう言っていても、行動として、選挙で戦争をする国をつくろうとする人たちを選んでいる。それは戦争の教訓を生かしきれていないからだと思います。これは日本人だけでなくて、世界でもそうだと思います。

差別し、人間を人間と思わないことが戦争につながる

 ベトナム戦争について、米国防長官だったマクナマラ氏が回顧録で、なぜアメリカが敗北したかを分析し、ベトナムの文化や民族を理解できなかったことだと書いていますが、私は戦争というものは相手を理解しないというところが大きな原因になっているというように思います。

日本の戦時中、私は沖縄人でありながら、朝鮮人を差別したり、アメリカ人については「鬼畜米英」と赤い顔してツノが生えたポスター、今でも私、覚えていますよ。そういう相手を理解していないことが戦争につながる。ベトナム戦争のときでも、アメリカ人はベトナム人は人間より落ちる土人、目がつりあがってですね、もう人間を人間として思わないで相手を殺していく。

戦争をなくすためには相手の国の一人ひとりの人間にはそれぞれの人生があるんだと、一人ひとりの人間を理解していくことです。軍事力では解決できません。軍隊は抑止力にならない、戦争をなくすためには地球上から軍隊をなくすことだと、軍隊がある以上戦争は起こるというように思っています。

一人ひとりの善意を信じます

私は日本の戦争がどういったものであったかを学びなおすことが大切だと思っています。そして私は、一人ひとりの人間の善意というものは信じています。そこに私は希望をもちます。この講演会に参加している人たちは戦争に反対してくれています、日本にも戦争に反対している人はたくさんいます。心強く思います。そういう人たちが広がって戦争はなくなる方向にすすんでいく、そう信じています。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    石井 いづみ (火曜日, 16 9月 2014 10:05)

    いいですね。

  • #2

    rrrrr (木曜日, 02 10月 2014 23:06)

    学校で戦争について学んでいるのでとても勉強にもなったし参考にもなりました。

  • #3

    つyhjjf (火曜日, 14 10月 2014 17:01)

    おもろ

  • #4

    yyy (木曜日, 16 10月 2014 19:17)

    ためになりました。。