やだネット長野

参院長野補選立候補予定者への政策要望書(コロナと暮らし実行委員会)と小松ゆたかさん、羽田次郎さんのコメント

 コロナと暮らし実行委員会では、長野県内在住者や出身者から「コロナ禍の生活綴方」を集めています。今後、冊子にする予定です。 「コロナ禍の生活綴方」の内容から、参院長野補選立候補予定者への政策要望書を作成し届け、コメントをお願いしています。実行委員会も「生活綴方」も女性比が高いものとなっており、女性政策に力点を置きました。

 

 

(1)女性と子どもの権利に関わって

コロナ禍であからさまな女性差別が露呈したことで性差別、男女間の隔たりの問題も大きく議論されています。仕事や育児、介護に感染防止対策が加わり、女性の「疲れた」という声が特徴です。多くの女性が職を失い、DVなどさまざまな困難に直面し、女性と子どもの自殺が増えていることは、きわめて重大です。

雇用、賃金、就学における性差別を撤廃し、選択的夫婦別姓を実現し、すべての人が社会、経済活動に生き生きと参加する当然の権利を保障してください。生理用品の無料配布、消費税率の軽減や非課税を求めます。

DV加害者の厳罰化と被害者のケアを求めます。また性犯罪の厳罰化、同意のない性行為を処罰する刑法改正を求めます。性暴力がもたらす被害は深刻です。被害者の尊厳回復と犯罪抑止のための政策を求めます。

子ども達や学生は、今しか出来ない学校生活を振り回され、奪われています。学費・生活費の確保のためにアルバイトに追われる学生が多くいます。感染拡大防止の手だてを最大限施しながら、学校や大学などでの教育の機会を保障してください。教育予算を拡充し、小中高等学校の少人数学級の実現を求めます。大学、高専、専門学校に対する学費減額と給付型奨学金制度の再検討を求めます。

 

小松ゆたかさん

女性の更なる社会進出と活躍のため、産休明けの女性に対して家計負担を減らし、子育て支援の充実、またシングルマザー世帯に対する包括的な支援制度を整備します。加えて生涯学習の機会を増やし、女性が資格や、デジタル等のスキルを取得しやすい環境を整備します。

夫婦同氏制度の歴史や家族の一体感などは否定せず、その上で別姓を望む夫婦に選択肢を与える趣旨に賛同します。丁寧な議論をしていく必要があると思います。

新型コロナウイルス感染症の影響で経済的に困難な学生が修学、進学を諦めることのないよう、支えることが何より重要と考えております。

学びの継続のための学生支援緊急給付金では、学校が推薦すべきと判断した全ての学生約四十二万人にまずは支給しています。そのうち大学院生は3.4万人、学部生は29.9万人に支給しており、利用されていない額が約35億円だそうですので、この支援給付金を積極的に活用していきます。

 

羽田次郎さん

社会矛盾は弱者にしわ寄せが来ます。コロナ禍による非正規雇用の方をはじめ、サービス業、自営業、文化芸術、その中でも、とりわけ女性の方がまさに危機に直面しています。

03年に小泉内閣で決定した2020年に指導的女性比率30%とする政府目標の15年に努力目標にされ、当初の20年には30年までの目標へ繰り延べとなりました。結果、3月末に発表された日本のジェンダーギャップ指数は156か国中120番目と低迷を極めています。これは実質、政治と政府の怠慢が大きな原因です。経過と成果を見ると意識的なサボタージュとしか思えません。根本的な変革が必要です。

アルバイトができにくい状況の中、苦学生がとりわけ危機的状況にあることは衆目の一致するところです。コロナ禍と少子化の中、子供たちの育成に責任を持つのは、私たちに課せられた社会的責任だと思っています。

 

 

(2)いのちを最優先する政治を

医療・保健や防災、教育・研究、文化・芸術などを切り捨て、「自助努力と自己責任」とする新自由主義の問題が、コロナ禍で浮き彫りになりました。新自由主義から転換し、いのちを最優先する政治を求めます。

新型コロナウイルス対策は、透明性のある公平な行政の理念のもと、科学的知見と事実に基づく合理的な政策決定、適切な情報共有を求めます。

コロナ禍で、医療、教育、介護、保育、障がい者施設、学童保育、福祉の現場は逼迫しています。逼迫している現場の人員の補充や、補助金の検討を求めます。

困窮する親子への支援の拡充を求めます。

文化芸術の作り手たちの心を守る支援の拡充を求めます。

働きたい人が自由に働ける社会を求めます。最低賃金「1500円」の実現、週40時間働けば人間らしい生活ができる社会の実現を求めます。

コロナ対策による権利制限は、対価として補償を求めます。

 

小松ゆたかさん

新型コロナウイルスと戦う県内の医療機関の体制強化を図るなど、安心して治療を続けられる地域医療を構築します。また地方の医師・看護師確保に加え医療・介護の現場、保健所の負担を軽減し、県民が安心して医療や介護を受けられるよう、AI、ロボット活用等の最先端のデジタル 医療、予防医学を産学連携で推進します。さらに介護・年金などの福祉・社会保障を充実させ、誰もが安心して生活し、将来の展望できる社会を作ります。

これまでの感染拡大時の経験も踏まえ、国・自治体は医療・検査体制を更に強化する努力が必要です。社会経済活動を継続しつつ、再度の感染拡大を防止し、重症者・死亡者の発生を可能な限り抑制するため、変異株対策やモニタリング検査、積極的疫学調査を強化するとともに、病床・宿泊療養施設と医療人材の確保、後方支援を担う医療機関等の確保や転院支援の仕組みの導入等が必要と考えます。

 

羽田次郎さん

内閣の経済ブレーンに竹中平蔵がついたことで、菅政権の新自由主義的傾向は明らかになりました。さらに、菅内閣は自助優先を強調し、公助は補完であるとの立場です。

命よりも経済優先、公助より自助優先の政治では危なすぎます。何としても政治の方向を変換しなければなりません。

 

 

(3)私たちが生きる公共の場をつくるために

私達の憲法、法制度には人間の苦境を救済する力があります。主権者が、自分たちの生きる公共の場をどのように作り出すか自由闊達に議論し、決めていくという民主主義、立憲主義の回復を求めます。

コロナ下で生活に困窮する家庭も増えています。声をあげられずにいる子どもや保護者にいち早く気づき、支え合いながら社会にも働きかける仕組みを検討してください。

校則を含むルールの決定過程に子どもも関われる仕組みを検討してください。

 

小松ゆたかさん

政治は一定の期間で、選挙という形で国民の審判を受けます。国民の皆様に評価していただければ議席を守れますし、そうでなければ議席を失います。そうした国民の代表である政治家が行政をリードする、民意を踏まえて指導する、憲法に基づいて政治を行うことが民主主義や立憲主義であると考えています。

弱い立場の方々が、より厳しい環境にさらされます。そのような視点から、政府では先週、女性・非正規の皆さんや、ひとり親家庭(二人親でも厳しい家庭もあります)、更には望まない孤独にさいなまれている人たちへの支援が決まりました。コロナ禍の長期化を踏まえ、既に実施している緊急小口資金はもとより、総合支援資金を活用し、弱い立場の方たちを支えます。

 

羽田次郎さん

だれのための政治、だれのための制度かを問い直せねばなりません。「自分たちに運用されるルールは自分たちで決められることの制度化」が、民主主義の第一歩だと思います。

 

 

(4)差別解消、人権尊重で、持続可能な地域社会を

コロナの蔓延による経済的困窮、移動制限などの社会的な苦しみ、差別や中傷、分断が深刻な問題になっています。アジア太平洋戦争や原発事故など、過去の過ちを活かし、差別解消、人権尊重で、持続可能な地域社会を求めます。

 

小松ゆたかさん

まず、対象がどのような方かに関わらず、そもそも差別というものは許されないと思っております。差別を生まないために大事なのは、お互いの違いを認め合うことだと思います。世界の人口は76億人程度と言われていますが、誰一人として同じ人はいません。一人一人が違うということは、種として生き延びるためにも必要なことです。それを、どこかで線を引いて、差別すること自体が非常に良くないことだと思います。

SDGsには、貧困、飢餓対策から健康、教育、ジェンダー、環境、経済成長など、テーマは多岐にわたり、いずれも大事な課題ばかりです。みんなが多様性についての認識を醸成していくということが大事だと思います。

 

羽田次郎さん

差別、格差、人権の問題は日本ではコロナ禍を機に顕在化しました。これを過去の反省を基に克服することが、貴会提案の持続可能な地域社会を形成するとの提案に同意します。

 

 

コロナ禍の生活綴方

続きを読む

危機の中で(信州の非正規工場労働者、そして信州の政治的文筆家)

関東の地味な大学の片隅で、ボンクラ学生として政治学を学んでいた頃の私に、とある教授が話してくれた事がある。「政治学は今の社会にさして必要とされていないのだ」と。「行政学等の分野は少し事情が違うが、理想の政治社会の形を追い求める政治学は、現実の政治や社会からは寧ろ敬遠されているのだ」と。「だから、社会が君達を必要とする事は、もしかしたら無いのかも知れない」。そう語る教授はどこか寂しげだった。

 …政治は、政治学は何と無力なのだろう?大学を去り、郷里信州の社会に身を投じてから六年半。その間、幾度となくそう考えた。シビアな労働・生活の現状に直面する度に。テレビや新聞が海外の紛争・災害・事件を伝える瞬間も。大切な家族・仲間の苦境を前に、自分の無力さを感じたあの時も。自分達の共同体・社会が不穏な方向に進んで行くのを、指を咥えて見ている事しか出来ないこの状況においても。

 

そして今、私は……私達は感染症拡大に端を発する社会的危機の直中にいる。国内外で多くの人間が感染症に感染し苦しんでいる。経済は危機に動揺し、これまでどうにか誤魔化してきた社会問題の数々を露呈させている。特に多くの困難に晒されているのが中小事業体であり、一人一人が人生を生きている無数の勤労者である。

失業や生活苦に晒される人々に対し、政治体による救済は後手に廻っている。政治体は既に人間のアソシエーションとしての本質・使命を失いかけているのだ。肥大化・複雑化したシステムによる「管理・統制」と化した現代の政治は、一人一人の成員の声に耳を傾け、協同の力でその苦境・問題を解消する事には極めて消極的だ。今、政治体が優先的に守ろうとしているのは利権や不文律によって固められた経済社会の構造・メカニズム・体制であって、そこに生きる一人一人の人間ではないのだ。

 

無力と言えば、大学を去ってから殆どワーキングプアとして生活して来てしまった私も偉そうな事は言えない。今の私は休業の増加によって減額された賃金で生活を成り立たせようと四苦八苦していて、他者の苦境に寄り添う余力も失いかけている。そんな自分に気付く度に、私は情けなくも思うし、酷く寂しい気にもなる。四年間政治学を学び、郷里の社会を知ろうと労働の現場に身を投じたにも関わらず、自分は何と無力なのか。私の政治学は何と無力なのだ、と…。

 

しかし、私には忘れられない記憶がある。それは家族と過ごした幸福な時間であったり、学生時代の仲間との他愛のない論議であったり、仕事終わりに雑談を楽しんだ師匠や同僚達との思い出であったり。そして、政治学は今の社会に必要とされていないと語った教授が、その後に続けた言葉がある。「それでも、政治学は自由な学問なんだよ。自分達が生きる政治社会の形について、僕達はどこまでも自由に創造して行く事が出来るのだ。だから、その自由な学問に触れられた事を誇りにして欲しい」と。

 

 

その記憶があるからこそ、私は未だ夢を見続けている。人間の創造的・討議的な活動としての政治の持つ価値を信じている。政治に向き合う市民の思索と行動が、社会を震わせ、人々の自由で水平な連帯を作り出せると信じている。私達の政治共同体・憲章・法制度には人間の苦境を救済する力があると信じているし、その機能を引き出せるのは「特定の人々や機関による、統治・管理としての政治運用」ではなく、「広範な市民による、自治・討議としての政治的活動」なのだと、信じて止まない。故に、私は自らの思索を文章として紡ぎ、社会にそれを投ずる。仮令、この感染症危機の渦中にいようとも。

「憲法13条を読み直す」

“市民の間で憲法を学び直す動きが出てきた。長野市の田沢洋子さん(59)もそうだ。4年前の福島原発事故が政治への目を開かせた。特定秘密保護法の整備を安倍政権が強引に進めたことで、政治不信は深まった。思いを同じくする人たちと「秘密保護法やだネット長野」を結成、今年2月には「憲法かえるのやだネット」に名前を変えた。

 

収束の見通しが立たない原発事故、沖縄の基地問題、秘密法、新たな安保法制の整備…。田沢さんらは個人の権利が踏みにじられ、空文化していく恐れがあることに危機感を抱いている。

 

国民の権利を保障する憲法を政府や国会などに守らせる運動へと幅を広げるために、会の名前を変えたという。田沢さんは「13条に照らし、暮らしや社会がどうなっているか、点検することが大切だと思う」と話した。

 

 「国のかたち」を選び、決めるのは主権者の国民であることを忘れてはならない。それができるのも、個人の権利がきちんと守られてこそだ。そんな思いで13条を読み直したい”

(信濃毎日新聞2015年4月12日社説より)


やだネコプラカード・ダウンロード

続きを読む

対話を重ねて「良心の自由」を育てる

「私はこう思う、あなたはどうですか?」という角度を大切にして取り組んでいる学習会は、2018年9月には、長野県を越えて岐阜県多治見市でもおこなわれました。根底にある問題意識は、以前、信濃毎日新聞に取材を受けて論説で紹介された「対話を重ねて『良心』の自由を育む」ということです。世界の多くで当たり前の自由なのですが、日本では憲法でわざわざ定められている「思想・良心の自由(内心の自由)」。現代の日本社会においても侵されやすいものとして見るべきだと思います。自分が、いい、やりたい、と思ったことは、縛られず、忖度もせず、のびのびと考えていいのです。

続きを読む

「戦争をなくすために必要なこと」(元戦場カメラマン・石川文洋さん)

 人間というのは、月や宇宙にも行くし、深海にも行ったりするというすぐれたところもあるのに、過去の戦争の教訓を生かせない、愚かな点もあると思っています。

 

かつて日本の戦争が終わったときに、あれだけ「戦争はしない」と憲法九条をつくって、私も終戦のとき、小学校二年でしたが、本当に戦争というものは絶対にダメだと思いました。それが今、政府の人もそうだけど、一般の人も戦争からかなり離れてますよね。戦後直後のように、「戦争は絶対にイヤだ」とはなっていない。口ではそう言っていても、行動として、選挙で戦争をする国をつくろうとする人たちを選んでいる。それは戦争の教訓を生かしきれていないからだと思います。これは日本人だけでなくて、世界でもそうだと思います。

 

ベトナム戦争について、米国防長官だったマクナマラ氏が回顧録で、なぜアメリカが敗北したかを分析し、ベトナムの文化や民族を理解できなかったことだと書いていますが、私は戦争というものは相手を理解しないというところが大きな原因になっているというように思います。

日本の戦時中、私は沖縄人でありながら、朝鮮人を差別したり、アメリカ人については「鬼畜米英」と赤い顔してツノが生えたポスター、今でも私、覚えていますよ。そういう相手を理解していないことが戦争につながる。ベトナム戦争のときでも、アメリカ人はベトナム人は人間より落ちる土人、目がつりあがってですね、もう人間を人間として思わないで相手を殺していく。

戦争をなくすためには相手の国の一人ひとりの人間にはそれぞれの人生があるんだと、一人ひとりの人間を理解していくことです。軍事力では解決できません。軍隊は抑止力にならない、戦争をなくすためには地球上から軍隊をなくすことだと、軍隊がある以上戦争は起こるというように思っています。

 

私は日本の戦争がどういったものであったかを学びなおすことが大切だと思っています。そして私は、一人ひとりの人間の善意というものは信じています。そこに私は希望をもちます。この講演会に参加している人たちは戦争に反対してくれています、日本にも戦争に反対している人はたくさんいます。心強く思います。そういう人たちが広がって戦争はなくなる方向にすすんでいく、そう信じています。 

【信州・安曇野】「靖国には行かない」と特攻に散った上原良司が家族に別れを告げた場所で、私たちが感じたこと

安曇野の乳房川
安曇野の乳房川

特攻隊員・上原良司の妹、清子さんに聞き取りをしました。良司も清子さんも大好きだった安曇野の乳房川へ。ここは良司が故郷を離れるときに三度も「さようなら」と言って別れを告げた場所。

 

3人のお兄さんを戦争で亡くした清子さん。

───あの戦争はどうして始まったんでしょうね。

・・・・すみません。

・・・・皆さんは歴史に学び、自分の考えをしっかりもってください。 

 

※上原清子さんは、2018年9月にお亡くなりになりました。93歳でした。ご冥福をお祈りします。

続きを読む 2 コメント

山本慈昭さんの精神を受け継ごう(映画「望郷の鐘」原作・和田登さん)

毎月19日の長野市のアクション、2016年8月19日は映画「望郷の鐘」原作者の和田登さん(長野市在住)から「山本慈昭さんの精神を受け継ごう」というメッセージをいただきました。映画「望郷の鐘」の主人公の山本慈昭さんは、長野県下伊那郡阿智村の出身。みずからも満州で過酷な体験にあいながらも、生涯を中国残留孤児たちの肉親探しにささげ、献身的な愛で支えました。

続きを読む 0 コメント

松代大本営地下壕と説明板(案内板)の問題について

 松代大本営は、アジア・太平洋戦争末期の1944年夏に、「本土決戦」を叫ぶ旧日本軍が最後の拠点として、東京から現・長野市松代町に、大本営、政府各省等を極秘のうちに移転することが計画され、建設が行われた地下軍事施設群です。

 松代は海岸線から遠く、岩盤が堅いなどの理由で選ばれたとされています。象山、舞鶴山、皆神山一帯に独立した地下壕が掘られ、象山(イ地区)には政府、日本放送協会、中央電話局を、舞鶴山(ロ地区)には天皇御座所、大本営、宮内省関係を、皆神山(ハ地区)には食料庫を予定。壕の総延長は10キロを越え、終戦時には80%以上ができていました。

 工事は鹿島組と西松組が請け負い、主に朝鮮人労働者が従事。その数は強制連行と自主渡航による7千人前後と推定されていますが、工事犠牲者の数や実態は明らかになっていません。日本人も国家総動員法に基づき勤労動員されました。学徒勤労動員もありました。

 

児童文学作家の和田登さんは、長野市民新聞2014年8月26日付で次のように書きました。

“この工事の本質は、その工事主任であった吉田栄一大尉が憲兵の一員に告げた言葉「労務者は機械だ。あなたがたは人間だ。人間は口をきく。だから話せない」と、憲兵にさえ何の工事か明かさなかった言い方に表れている。人権を無視した労働だった”

“朝鮮本土で日本軍の収奪にあい、やむなく日本に渡航し、ここで働かざるを得なくなった人々を自主渡航組とよぶが、いったんこの工事に組み込まれると『連行組』同様、生きるか死ぬかの強制労働だった…ここに到着した形が強制的か自主かにとらわれると本質を見失う” 

続きを読む