「コロナ禍の生活綴方」(コロナと暮らし実行委員会・やだネコ)

「コロナと暮らし実行委員会」は、県内の女性や母親、弁護士、社会運動関係者などによる実行委員会です。コロナ禍の「非常時」のもとでのテレビやインターネットの喧騒、こうした喧騒のもとに埋もれた切実な声や実態があるのではないか、この空白を埋めたいと思ったことが、「コロナ禍の生活綴方」をはじめたきっかけです。

 

生活綴方とは、ありのままの生活と自己を見つめ、感じていることを、自分自身の言葉で文章や絵で表現することです。

4月24日現在、31人が投稿してくれました。しばらく広げながら、冊子にする予定です

 

「皆、心が疲弊し、人間の嫌な部分が露呈している」「正直疲れた」(パート主婦)、「人が関わる仕事は収入がなくなるかもしれない」(美容師)、「心が少しずつ削られている」(看護師)、「底辺の人々に手を差し伸べるのが政治では」(ダブルワークをする主婦)…。編集作業を通じて向き合ったのは、多くの人がいま起きていることを消化できずに苦しんでいるという現実です。そのなかで、「友人らとの当たり前の日常がなくなってつらい」と記した20歳の大学生は、生活綴方の持つ力について、こう語っています。「生活綴方は生活に起こったことや五感からの刺激、感情を『見つめる』ことを必要とする。見つめて、記す。たったこれだけである。この『見つめる』行為が生活綴方の中心だ。そこに他人の視点は存在しない。自分に素直にならないと生活綴方は書けない。生活綴方は決して五感や感情を無視しない、むしろ歓迎する。そこが回復や前進につながるのではないか。コロナ禍の生活の変動や政治の無策失策からの回復に生活綴方は最高の手段だ」。

 

生活綴方は、ユネスコ学習権宣言(1985年)の「学習権とは、読み書きの権利であり、問い続け、深く考える権利であり、想像し、創造する権利であり、自分自身の世界を読み取り、歴史をつづる権利であり、あらゆる教育の手だてを得る権利であり、個人的・集団的力量を発達させる権利」の実践だと思います、

 

生活綴方を集めることを通して、「女性・子どもといった立場の弱い人や普通の人たちの声を政治に届けよう」ということになりました。2021年4月の参院長野補選の立候補者に、「コロナ禍の生活綴方」を政策提言と一緒に渡し、考えを求めました。取り組みは、朝日新聞4月13日や、信濃毎日新聞4月22日のコラム「斜面」でも紹介されました。

 

実行委員会では、「『もっとつらく、我慢している人がいるんだから耐えろという空気』が社会に蔓延していないか」と話し合っています。みんな困っているし、いろんな「困っている」があっていいと思います。

学費減額を求める学生は、「自分自身の現状を認識し、自らの弱みとなる部分を正しく自覚した上で、他者の合理性に配慮する。そうした姿勢がより良い解決策を生み出すと信じている」とつづりました。白蓮坊住職の若麻績敏隆さんは「人間同士が差別し合い、争いあい、分断している場合ではない。コロナ禍が鳴らす自然からの警鐘に耳を傾け、エゴを超えて、思いやりの心を育み、未来を生きていく子どもたちのためにこそ行動しなくてはならない」と訴えました。非正規工場労働者の加藤太一さんは、「広範な市民による、自治・討議としての政治的活動こそが、憲法や法律の人間の苦境を救済する機能を引き出せる」と記しました。社会福祉士の志木碧さんは、「声をあげられずにいる子どもや保護者にいち早く気づき、支え合いながら社会にも働きかける仕組みができれば」と提言しました。

 

生活綴方で、「困っている」ことや願いを記録し、政治や行政に届けることは、「住民の声を聴く政治」に変えていくことだと思います。参院補選に立候補した羽田次郎さんも小松ゆたかさんも、「コロナ禍の生活綴方」と政策提言に対して丁寧にコメントしてくれたことは、私たちの取り組みの確信になっています。長野県などにも届けます。