「憲法13条を読み直す」

“市民の間で憲法を学び直す動きが出てきた。長野市の田沢洋子さん(59)もそうだ。4年前の福島原発事故が政治への目を開かせた。特定秘密保護法の整備を安倍政権が強引に進めたことで、政治不信は深まった。思いを同じくする人たちと「秘密保護法やだネット長野」を結成、今年2月には「憲法かえるのやだネット」に名前を変えた。

 

収束の見通しが立たない原発事故、沖縄の基地問題、秘密法、新たな安保法制の整備…。田沢さんらは個人の権利が踏みにじられ、空文化していく恐れがあることに危機感を抱いている。

 

国民の権利を保障する憲法を政府や国会などに守らせる運動へと幅を広げるために、会の名前を変えたという。田沢さんは「13条に照らし、暮らしや社会がどうなっているか、点検することが大切だと思う」と話した。

 

 「国のかたち」を選び、決めるのは主権者の国民であることを忘れてはならない。それができるのも、個人の権利がきちんと守られてこそだ。そんな思いで13条を読み直したい”

(信濃毎日新聞2015年4月12日社説より)


やだネコプラカード・ダウンロード

ダウンロード
自由に平和に.jpg
JPEGファイル 59.9 KB
ダウンロード
武力で平和は守れない.jpg
JPEGファイル 66.1 KB
ダウンロード
心の真ん中に憲法を.jpg
JPEGファイル 71.7 KB
ダウンロード
安倍改憲やだやだ.jpg
JPEGファイル 258.8 KB
ダウンロード
主権者は私.jpg
JPEGファイル 60.2 KB