「ああ 父さんよ御無事でと 今夜も 母さんと 祈ります」-戦意高揚と戦争との訣別と

「里の秋」

多くの人の愛唱歌「里の秋」の歌碑が、長野市松代のつつみ公園にあります。

作詞者の悔恨の思い

もともと、この詞は3番以降が大きく違っていました。

 

きれいなきれいな 椰子の島

しっかり護って くださいと

ああ父さんの ご武運を

今夜もひとりで 祈ります

 

大きく大きく なったなら

兵隊さんだよ うれしいな

ねえ母さんよ 僕だって

必ずお国を 護ります

 

 

作詞者の斎藤信夫が国民学校の教師をしていた1941年(昭和16年)12月につくられました。アジア太平洋戦争の始まりに、高揚感のなかで書き上げたと言われています。「星月夜」と題し斎藤は、長野市松代町出身の作曲家、海沼実に送りますが、その時には曲はつきませんでした。

 

1945年(昭和20年)8月15日、終戦。斎藤は、生徒たちに戦争でたたかうように教えていた事に強く責任を感じ、教師を辞めようと気持ちを固めたのでした。

「さよなら」という訣別の言葉

この年の暮れ、NHKは、復員兵や引き揚げ者たちを励ます特別ラジオ番組を企画し、海沼に依頼。海沼の目にとまったのが、「星月夜」でした。海沼は斎藤に電報を送り、復員兵や引き揚げ者にふさわしい内容とするように3・4番の修正を依頼しました。

 

「星月夜」は、もともと戦意高揚を基本に書いたもの。斎藤は悩みます。「木に竹を接ぐ」感覚で書いた3番。

 

さよならさよなら 椰子の島

お舟にゆられて 帰られる

ああ父さんよ ご無事でと

今夜も母さんと 祈ります

 

 

新しい3番によって生まれ変わった「里の秋」がラジオから流れると、反響が全国に広がりました。

斎藤の「教え子を戦場に送ってしまった」という悔恨の思いが、「さよならさよなら 椰子の島」から感じ取ることができます。