2017年衆院選

10月13日、「この選挙、どーなの?座談会」で長野1区の篠原候補からお話を聞いた。参加者たちには疑心暗鬼の思いがあった。「選挙が終わっても希望にはいかない。何も失うもののない自分は信念を曲げたくないから無所属で」の言葉に参加者の表情が変わった。安保法制強行採決から長野市トイーゴ前で取り組み続けてきた19日アクション。10月19日は野党と市民の共同街宣とした。市民と野党の連携の候補から「統一候補」へ発展したんだと実感の中、心からの「篠原頑張れ」「野党は頑張れ」コールが響いた。篠原さんが、応援する人たちへの姿勢が変わるのを見た。候補者を変えることができると知った。