今、日本は戦前の昭和7、8年から昭和15年くらいまでの間と非常によく似ている(守谷商会相談役・山根敏郎さん)

私はいま、戦前を知る少ない語り部として、みなさんに声を出して言いたい。ちょうど今、日本は戦前の昭和7、8年から昭和15年くらいまでの間と非常によく似ております。その時日本は治安維持法をもうけ、悪法を次々強行採決していきました。

 

今、安倍は、ニヤニヤと笑いながら強行採決してでも戦争する国にしてやる、とほくそ笑んでいます。私は絶対にそれを許すことはできません。これをどうしても食い止めなければいけない。日本は戦前の道に転がり込んでいきます。

 

秘密保護法は戦前の治安維持法と同じです。すべてのものを抑圧して日本を戦争する国にしようとしています。戦争になれば悲惨です。絶対に起こしちゃいけません。

 

我々は今日の日を、戦争をさせない日本をつくる日とする、そのためには具体的には、安倍に致命傷を与えなければ、この状況が続けば、日本は戦争の国へと入っていきます。危機感をもって、この仲間で闘っていこうではありませんか!行くぞー!

 

私は86です。もう命は長くないから、命がけでがんばります。

(2014年12月6日 戦争やだね長野大集会でのあいさつ)