『戦争なんか大きらい!絵描きたちのメッセージ』について(岩下結さん、長野県佐久市出身)

東京の出版社で編集をしている岩下といいます。

先日、『戦争なんか大きらい!絵描きたちのメッセージ』という本を出版させて

もらいました。これは、2015年に子どもの本・九条の会が企画して、絵本作家61人が

描いた平和のメッセージ画に、日本国憲法の条文をそえた画集です。

 

先日亡くなられたかこさとしさんをはじめ、「ぼくは王さま」の和歌山静子さん、「ねないこだれだ」のせなけいこさんといった日本を代表する絵本作家も参加されています。

本にするにあたって、全体を貫くものがほしいと思い、憲法の条文の抜粋を絵と組み合わせました。やってみると、自分でも驚くほど、絵と条文が呼応して憲法そのものが生き生きとしたメッセージとして読めるものになりました。

たとえば、かこさとしさんの「だるまちゃん」が、戦車や兵器を踏み潰して高々とこぶしを

突き上げている絵には、前文の「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」という一文。

長谷川義史さんの、家族がちゃぶ台でごはんを食べている絵には「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という一文を合わせました。

出版してから、「憲法の条文がまったく違った新鮮さで読めた」「ページを繰っていて涙がこみ上げてきた」といった感想をいただいています。

ご興味ある方は、ぜひ本屋さんで実物をご覧になってください。

 

憲法の条文と絵を組み合わせるアイディアは、たまたま思いついたのですが、後から考えると実は必然性があったように思います。

この本の序文に、『おしいれのぼうけん』などの作家、田畑精一さんが、軍国少年だった

ご自身の少年時代をふりかえってこう書かれています。

 

「戦争は、人と人との殺しあい。大勢の人が死にます。死ぬのを恐れていては、戦争は始めから負けです。それでいっぱい美談が生まれたのです。(中略)戦争が始まった年に生まれたぼくのまわりには、こうして「いさぎよく死んだ軍人の物語」で満ち満ちていたのです。ですからあの戦争が、間違った戦争だと知るのには、ずい分長い時間が必要でした。」

 

戦前は、子どもの本に限らず、多くの出版社が戦意高揚のための本をつくり、外国への敵意を煽り、日本は神の国で絶対に負けないのだと宣伝しました。

いま本屋さんに並ぶ「ヘイト本」や「日本スゴイ本」にも似ています。

そうした本を読み、学校でも戦争で死ぬことを教えられて育った若者たちが実際に数多く

亡くなりました。あるいは、多くの人を殺しました。

銃後でそれを後押しした人も、止められなかった人もいました。

その悔恨が、日本国憲法には刻まれています。

 

戦争を体験し、二度とあのような時代をくりかえしてはならないと誓った人びとが、

戦後の民主化、そして出版や教育を担ってきました。おそらく、子どもの本を通じて

これだけ戦争や平和を描いてきた国は、世界でも稀ではないでしょうか。

僕たちが読んできた絵本や漫画の作者たちの多くが、そうした思いを原点に持っていた。

だとすれば、それが平和憲法の条文とシンクロすることは当然かもしれません。

 

安倍首相は次の国会にも改憲案を出すと息巻いています。3分の2議席がある今のうちに、

どんな手を使っても強引に改憲を発議しようということです。

しかし、僕はそんな手法で改憲を実現することは不可能だと思っています。

 

この憲法は、数百万の自国民の命と、それに十倍する他国民の命を奪い、国を滅亡寸前まで

追いやった過去への深い反省と悔恨が刻まれています。

その反省に基づいて、平和で民主的な国家を作ろうと国民は努力してきました。

もちろん、それは完全ではなかったかもしれません。日米安保と沖縄の基地をはじめとする

矛盾も存在します。しかし、矛盾をかかえているとしても、73年にわたるその歩みを

なかったことにはできないのです。

 昨日思いついたような改憲案で、その歴史が凝縮された憲法を変えてしまうことが

どれだけ愚かしいか。多くの国民は気づくはずだと思います。

 

僕たちが読んで育ってきた絵本の数々。あるいは、手塚治虫や藤子不二雄といった

日本を代表する漫画家たちの作品。ひとつとして、戦前のほうがよかった、戦争をまたやろう、などと言っているものはありません。

70年かけて築いてきた平和の文化は、私たちの精神の根本にまちがいなく食い込んでいます。そのことに私たちは誇りを持っていいと思います。

 

仮に国民投票が行なわれたとしても、私たちは臆することなく堂々と否決に追い込みましょう。

安倍さんがいかに外国の脅威や自衛隊員への情に訴えたとしても、歴史の重みに勝つことは

できません。それを思い出させてくれる文化の力は、私たちに味方してくれるはずです。

続きを読む

政治家も大人も学校も 「心のまんなかに憲法を」 「子どもたちの未来に憲法を」(千曲の母ちゃん)

長野市5・3憲法記念日アクション
長野市5・3憲法記念日アクション
続きを読む

二度と過ちを繰り返さないために私たちは声をあげます。ヘタなラップでも歌います(でー✩ちゃん)

憲法壊すな!5.19市民集会in上田
憲法壊すな!5.19市民集会in上田
続きを読む

自民党を応援していた私。でも今は思う。いのちを使い捨てにする政権に自分と子どものいのちを託すことはできない(ちよさん)

憲法壊すな!5.19市民集会in上田
憲法壊すな!5.19市民集会in上田
続きを読む

何気ない日常の一コマにも、憲法が息づいている(安保関連法に反対するママの会信州・杉崎美幸さん)

続きを読む

憲法のもとで成長した私は76年後の今朝、想いとたまごやきをお弁当につめて、平和のためにできることをしています(安保関連法に反対するママの会信州・山本妙さん)

続きを読む

アピール「子どもたちの未来のために、安倍政権には改憲させない」

続きを読む

私たち市民が、憲法をとりもどす歴史的な闘いの始まり(保育園長の藤原さん)

続きを読む

「憲法違反の共謀罪。政府も国会も憲法を遵守しなさい」(岡田和枝弁護士のスピーチ)

みなさん、共謀罪は憲法の問題です。

共謀罪は、憲法で保障されている私たち国民の人権を、憲法より下にあるはずの法律で侵害するものです。

共謀罪は憲法の問題であって、私たち国民すべてに関わる問題であるということを、今一度、思い起こしていただきたい。

 

多くの方々が指摘しているように、共謀罪によって、監視社会が到来する、国民が萎縮してもの申すことができなくなる、そういう社会になるおそれがあります。なぜなら、ある団体が正当なものから犯罪集団に一変したか否かは、正当な団体の段階から、常時監視していなければわからないし、市民の語らいが、ただのたわいもない話なのか、犯罪の計画をたてているのかは、聞いてみなければわからないからです。

共謀罪は、私たち国民を日常的に監視することを警察に許す法律なのです。

 

では、そういう社会になってしまった場合、どんなことが起きるのでしょうか。

改憲がいよいよ現実味を帯びてきましたが、私は、共謀罪は改憲の際、猛威をふるうのではないかと思っています。

たとえば、改憲に反対するために、正当な方法でのデモの計画をたてた場合に、共謀罪の対象犯罪である組織的威力業務妨害罪の共謀の疑いがあるなどとして捜査がなされれば、改憲に反対する運動は一気に萎縮し、そういうことに関わらないほうがよい、という空気が生まれるかもしれません。国民投票には、最低投票率の定めがありませんので、投票率が低ければ低いほど、少数の賛成票で改憲が成立することになります。

共謀罪は、使い方によっては、政府の意に反する国民を取り締まるために使えてしまう、民主主義をいとも簡単に壊してしまう、非常に恐ろしい道具なのです。

 

後でしまった、と思っても手遅れです。

主権者である私たち国民が、政府に対して「憲法を遵守しなさい」と命令する側にいるはずの国民が、政府の顔色をうかがって、政府の怒りを買わないように気をつけながら、人権を侵害されても文句ひとつ言えずに、堪え忍んで生活する世の中なんてごめんです。

 

憲法違反の共謀罪を成立させてはいけません。

政府も国会も憲法を遵守しなさい。

 

以上が弁護士、岡田からの訴えでした。(長野市内での共謀罪反対スタンディングでのスピーチ、5月19日)

続きを読む

5・3戦争やだね長野集会への元自衛官・泥憲和さんのメッセージ

※泥憲和さんは、2017年の憲法記念日の5月3日にお亡くなりになりました。享年64歳。ご冥福をお祈りします。

みなさん、我が国の総理大臣が発する言葉が、ほとんど嘘であるという事実を、私たちはどのように考えればよいのでしょうか。

「TPPに参加しません」といえば、それはTPPに参加するということ。

「原発汚染水はコントロール下にある」といえば、それは制御できないということ。

「消費税増税をすべて社会保障に」といえば、びた一文国民のために使わないこと。

「日本を守るための集団的自衛権」といえば、それは日本と無関係の戦争に参加すること。

自衛隊が海外に出ても、憲法の禁じる武力行使をしないと安倍総理はいいます。

しかし何者かに攻撃されたら反撃できるといいます。

反撃するけれどそれは武力行使ではないというのです。

簡単にいえば、単なる撃ち合いと武力行使は異なるというのです。

安倍総理の発する言葉の絶望的な軽さに、戦慄せざるを得ません。

 

みなさん、戦争はペテンから始まります。

安部総理は国民に訴えています。

「北朝鮮からミサイルが飛んでくるかも知れない。中国が尖閣諸島を取りに来るかも知れない。世界はテロに脅かされている。我々に危険が迫っている」と。

ナチスドイツのヘルマン・ゲーリングがこう語りました。

「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。国民には我々が攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない」

 

私たちは、もう騙されてはなりません。

五族協和・満蒙開拓の美名に踊らされた過去を、二度と繰り返してはなりません。

アジアを見下し、日本人は優秀なのだとおごり高ぶり、自己陶酔して戦争になだれ込んでいった歴史を、しっかりと心に刻みましょう。

韓国人や朝鮮人を差別し、あざけり、敵愾心をあおる風潮がなぜなのか、誰がそのような運動を起こし、誰があおりたて、誰が応援しているのか、その理由と背景は何なのか、

安倍内閣のメディア支配、メディア操作を許さず、目を見開き、耳を澄まして、真実と嘘を見分ける力を、私たちは養いましょう。

 

難しいことではないのです。

「戦争反対、憲法まもれ」の一点でよいのです。

憲法第9条は命を守る原点であり、そうであるがゆえに人権の原点です。

命と人権を守るために、あらゆる垣根を超えて、私たちも手をつなぎましょう。

暮らしの場から、街頭から、安倍内閣許すまじの声を高らかに上げましょう。

あらゆる機会に改憲派を追い詰め、安倍内閣を退陣させましょう。

心をひとつに、力を合わせ、なんとしても戦争への道を塞ぎ、かけがえのない日本国憲法を、日本と世界の未来のために、しっかりと守り抜こうではありませんか。

泥憲和(元自衛官)


4 コメント

「戦争をなくすために必要なこと」(戦場カメラマン・石川文洋さん)

 人間というのは、月や宇宙にも行くし、深海にも行ったりするというすぐれたところもあるのに、過去の戦争の教訓を生かせない、愚かな点もあると思っています。

 

かつて日本の戦争が終わったときに、あれだけ「戦争はしない」と憲法九条をつくって、私も終戦のとき、小学校二年でしたが、本当に戦争というものは絶対にダメだと思いました。それが今、政府の人もそうだけど、一般の人も戦争からかなり離れてますよね。戦後直後のように、「戦争は絶対にイヤだ」とはなっていない。口ではそう言っていても、行動として、選挙で戦争をする国をつくろうとする人たちを選んでいる。それは戦争の教訓を生かしきれていないからだと思います。これは日本人だけでなくて、世界でもそうだと思います。

 

ベトナム戦争について、米国防長官だったマクナマラ氏が回顧録で、なぜアメリカが敗北したかを分析し、ベトナムの文化や民族を理解できなかったことだと書いていますが、私は戦争というものは相手を理解しないというところが大きな原因になっているというように思います。

日本の戦時中、私は沖縄人でありながら、朝鮮人を差別したり、アメリカ人については「鬼畜米英」と赤い顔してツノが生えたポスター、今でも私、覚えていますよ。そういう相手を理解していないことが戦争につながる。ベトナム戦争のときでも、アメリカ人はベトナム人は人間より落ちる土人、目がつりあがってですね、もう人間を人間として思わないで相手を殺していく。

戦争をなくすためには相手の国の一人ひとりの人間にはそれぞれの人生があるんだと、一人ひとりの人間を理解していくことです。軍事力では解決できません。軍隊は抑止力にならない、戦争をなくすためには地球上から軍隊をなくすことだと、軍隊がある以上戦争は起こるというように思っています。

 

私は日本の戦争がどういったものであったかを学びなおすことが大切だと思っています。そして私は、一人ひとりの人間の善意というものは信じています。そこに私は希望をもちます。この講演会に参加している人たちは戦争に反対してくれています、日本にも戦争に反対している人はたくさんいます。心強く思います。そういう人たちが広がって戦争はなくなる方向にすすんでいく、そう信じています。

 

続きを読む 33 コメント

伊藤千尋さん講演『今こそ九条を活かすときー世界が求める真の積極的平和』(戦争する国にさせない 12・11ながの市民のつどい)

続きを読む 0 コメント

わたしたちが「こんな人たち」になる理由。安倍政権はただちに退陣!(小学校教員のK先生)

続きを読む

虚言にはシッポがある(児童文学作家・和田登さんのメッセージ)

続きを読む