私たち市民が、憲法をとりもどす歴史的な闘いの始まり(保育園長の藤原さん)

先の総選挙で改憲勢力が“2/3を占めた結果について、本当にくやしい思いをした方が多くいたと思います。

わたしもそのひとりです。

しかし、わたしは、熱く、熱く燃えていました。

なぜなら、今日11月3日は、私たち市民が、憲法をとりもどす歴史的な闘いの始まりだからです。

そして、憲法は、いつの日か、このような事態になることを予想していたのではないでしょうか。

 

今こそ、声をだしましょう。

憲法を私たちの手にとりもどしましょう。

その闘いが今、はじまったのです。

 

私は保育園の園長をしております。

120名のこどもたちと共に生活しております。

こどもたちのまっすぐな心に感動します。

こどもたちに、私たち大人が残していく責任がある。

それは、ぜったい戦争をしない

戦争は悪なんだということです。

 

6歳の子どもが 私にいいます。

なぜ おとなは けんかするの?

話し合えば  いいでしょ

ぼくたちは けんかをすると 話し合いで解決するよ。

すごい言葉ですね。

この言葉をアベ首相に聞かせたいですね。

こどもの方がよっぽどりっぱですね。

 

憲法には、「公務員の憲法尊重擁護義務」と「国民の基本的人権保持の務め」があります。

憲法は、公務員にこの「憲法尊重擁護義務」を課すことで、憲法の最高法規性を守っているんですね。

しかし、アベ首相は、特別秘密保護法、戦争法、共謀罪と強行採決してきました。

今度は憲法9条を改悪しようとしています。

まさに、憲法を守ろうとしない政治家ではないでしょうか。

 

私たちは、今こそ、アベ首相と改憲勢力を監視し、声を出し、憲法違反の政治を克服し、立憲主義を守ろうではありませんか。

日本国憲法12条「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」

日本国憲法97条「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に耐へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」皆さん、これらの条文は、私たちの私たちによる権利行使のよりどころではないでしょうか。

憲法が私たちに保障した権利を行使することで、権力に憲法を守らせようではありませんか。

声を出し、ひとりがふたり、ふたりがさんにん、全国のすべての友人と仲間の輪を広げ、私たちの手で、子どもたちの未来を戦争のない平和な世界に導こうではありませんか。

戦争はしない。戦争は悪だ。戦争はいやだ。戦争する国を阻止しましょう。

 

憲法9条は、今こそ輝いています。

皆さんと共に声を出し、連帯、しましょう。

私たちの手で憲法を守ろうではありませんか。

闘いは、今、始まりました。最後まで闘いぬきましょう。

自民に投票していた私が、安倍政権に鉄槌を!と思うようになったわけ(上田の母ちゃん)

 政治なんて誰がやっても同じ。お任せ。ずっとお任せしてきたし、なんとかなるでしょ。

そう思ってました。

2009年の総選挙では、「自民はもうダメだな」と民主に期待して投票しました。3.11と原発事故の対応で民主にガッカリしました。当時、「たかじんのそこまで言って委員会」が大好きで、安倍さんが出てきたときに、騙されてしまったのです。もう一回挑戦したらいいじゃないのと思ってしまったわけです。

安倍さんが首相になってから、「なんだか変だぞ」とは思っていましたが、それでも自民に投票したりしていました。

転機になったのは、今年3月の岡田和枝弁護士の憲法学習会です。「国民主権」と「個人の尊重」のワードが強く印象に残りました。その日、会場の上空をオスプレイが我が物顔で飛びました。強い怒りのなか、手に取った映画監督の森達也さんの本も読んで、「国民主権ってこれだ!」「個人は幸福に生きる権利があるんだ」と思いました。

安倍政権がすすめてきた特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法。戦争が近づいている危機を感じます。国家に日常の心の安寧を奪う権利はありません。そんな横暴をこれ以上許してはいけません。こどもを、大事な人たちを守りたい!守るのは政治家任せではいけないのです。

私たちは憲法に守られている。その憲法をないがしろにして改憲しようと企む安倍政権には、鉄槌を下さなければと思います。国民が答えを出すときです。

「憲法違反の共謀罪。政府も国会も憲法を遵守しなさい」(岡田和枝弁護士のスピーチ)

みなさん、共謀罪は憲法の問題です。

共謀罪は、憲法で保障されている私たち国民の人権を、憲法より下にあるはずの法律で侵害するものです。

共謀罪は憲法の問題であって、私たち国民すべてに関わる問題であるということを、今一度、思い起こしていただきたい。

 

多くの方々が指摘しているように、共謀罪によって、監視社会が到来する、国民が萎縮してもの申すことができなくなる、そういう社会になるおそれがあります。なぜなら、ある団体が正当なものから犯罪集団に一変したか否かは、正当な団体の段階から、常時監視していなければわからないし、市民の語らいが、ただのたわいもない話なのか、犯罪の計画をたてているのかは、聞いてみなければわからないからです。

共謀罪は、私たち国民を日常的に監視することを警察に許す法律なのです。

 

では、そういう社会になってしまった場合、どんなことが起きるのでしょうか。

改憲がいよいよ現実味を帯びてきましたが、私は、共謀罪は改憲の際、猛威をふるうのではないかと思っています。

たとえば、改憲に反対するために、正当な方法でのデモの計画をたてた場合に、共謀罪の対象犯罪である組織的威力業務妨害罪の共謀の疑いがあるなどとして捜査がなされれば、改憲に反対する運動は一気に萎縮し、そういうことに関わらないほうがよい、という空気が生まれるかもしれません。国民投票には、最低投票率の定めがありませんので、投票率が低ければ低いほど、少数の賛成票で改憲が成立することになります。

共謀罪は、使い方によっては、政府の意に反する国民を取り締まるために使えてしまう、民主主義をいとも簡単に壊してしまう、非常に恐ろしい道具なのです。

 

後でしまった、と思っても手遅れです。

主権者である私たち国民が、政府に対して「憲法を遵守しなさい」と命令する側にいるはずの国民が、政府の顔色をうかがって、政府の怒りを買わないように気をつけながら、人権を侵害されても文句ひとつ言えずに、堪え忍んで生活する世の中なんてごめんです。

 

憲法違反の共謀罪を成立させてはいけません。

政府も国会も憲法を遵守しなさい。

 

以上が弁護士、岡田からの訴えでした。(長野市内での共謀罪反対スタンディングでのスピーチ、5月19日)

続きを読む

「嘘やズルばかりする安倍総理大臣及び内閣閣僚の皆さまには、すぐさまご退場いただきたい」(たえさん)

続きを読む

わたしたちが「こんな人たち」になる理由。安倍政権はただちに退陣!(小学校教員のK先生)

続きを読む

虚言にはシッポがある(児童文学作家・和田登さんのメッセージ)

続きを読む

わたしたちが「こんな人たち」になる理由。安倍政権はただちに退陣!(小学校教員のK先生)

続きを読む

「戦争をなくすために必要なこと」(戦場カメラマン・石川文洋さん)

 人間というのは、月や宇宙にも行くし、深海にも行ったりするというすぐれたところもあるのに、過去の戦争の教訓を生かせない、愚かな点もあると思っています。

 

かつて日本の戦争が終わったときに、あれだけ「戦争はしない」と憲法九条をつくって、私も終戦のとき、小学校二年でしたが、本当に戦争というものは絶対にダメだと思いました。それが今、政府の人もそうだけど、一般の人も戦争からかなり離れてますよね。戦後直後のように、「戦争は絶対にイヤだ」とはなっていない。口ではそう言っていても、行動として、選挙で戦争をする国をつくろうとする人たちを選んでいる。それは戦争の教訓を生かしきれていないからだと思います。これは日本人だけでなくて、世界でもそうだと思います。

 

ベトナム戦争について、米国防長官だったマクナマラ氏が回顧録で、なぜアメリカが敗北したかを分析し、ベトナムの文化や民族を理解できなかったことだと書いていますが、私は戦争というものは相手を理解しないというところが大きな原因になっているというように思います。

日本の戦時中、私は沖縄人でありながら、朝鮮人を差別したり、アメリカ人については「鬼畜米英」と赤い顔してツノが生えたポスター、今でも私、覚えていますよ。そういう相手を理解していないことが戦争につながる。ベトナム戦争のときでも、アメリカ人はベトナム人は人間より落ちる土人、目がつりあがってですね、もう人間を人間として思わないで相手を殺していく。

戦争をなくすためには相手の国の一人ひとりの人間にはそれぞれの人生があるんだと、一人ひとりの人間を理解していくことです。軍事力では解決できません。軍隊は抑止力にならない、戦争をなくすためには地球上から軍隊をなくすことだと、軍隊がある以上戦争は起こるというように思っています。

 

私は日本の戦争がどういったものであったかを学びなおすことが大切だと思っています。そして私は、一人ひとりの人間の善意というものは信じています。そこに私は希望をもちます。この講演会に参加している人たちは戦争に反対してくれています、日本にも戦争に反対している人はたくさんいます。心強く思います。そういう人たちが広がって戦争はなくなる方向にすすんでいく、そう信じています。

 

26 コメント

伊藤千尋さん講演『今こそ九条を活かすときー世界が求める真の積極的平和』(戦争する国にさせない 12・11ながの市民のつどい)

続きを読む 0 コメント

松代に根づいた「アンネのバラ」。差別をすることも戦争をすることもないバラが、この地で語っていること

第二次世界大戦中のオランダでナチスの迫害を受けた「アンネの日記」の著者アンネ・フランクに由来する「アンネのバラ」は、平和のシンボルです。

父は朝鮮人、母は日本人の山根昌子さん(故人)が、東京の神代植物園から株分けしてもらった「アンネのバラ」。山根さんから「このバラをこのあたりでいっぱいにしてください」とお願いされたのが、長野市松代町の花づくり農家、中沢忠実さん。中沢さんは思いにこたえ、30年育て続け、希望する人には株を分けています。(写真は長野市松代町・大島博光記念館のアンネのバラ)

 

なぜ、この松代で「アンネのバラ」なのでしょうか。

差別をすることも、戦争をすることもないバラは、この地でなにを語っているのでしょうか。

松代大本営

松代大本営は、アジア・太平洋戦争末期の1944年夏に、本土決戦」を叫ぶ旧日本軍が最後の拠点として、東京から現・長野市松代町に、大本営、政府各省等を極秘のうちに移転することが計画され、建設が行われた地下軍事施設群。工事は鹿島組と西松組が請け負い、主に朝鮮人労働者が従事。日本人も国家総動員法に基づき勤労動員され、学徒勤労動員もありました。

工事に組みこまれると、生きるか死ぬかの強制労働が課せられました。死傷者が相次ぎましたが、遺体の行方すらわからないなど、犠牲者の数や実態は明らかになっていません。

沖縄の地上戦は松代大本営建設の時間稼ぎの持久戦でした。

山根昌子さん

山根昌子さんは1939年生まれ。父は朝鮮人、母は日本人。第二次大戦末期、父は松代大本営の工事に動員され、一家で朝鮮人飯場に住まわされていました。

1960年、一家は北朝鮮に渡ることになりましたが、山根さんはどうしても見知らぬ国で暮らす決心がつかず、一人日本に残るりました。その後、結婚・出産・離婚、東京で懸命に子どもを育てました。

幼い頃から貧困とヘイトスピーチに苦しめられてきた山根さんは、「戦争」も「朝鮮」も忘れたい言葉でしたが、松代大本営について書いた「キムの十字架」(和田登・作)と出会い、真相を究明する決意を固めました。

新しい証言などを次々と発掘、松代町内に「慰安所」の存在も確認しました。

1993年、山根さんは病のため急逝しました。54歳でした。

キムの十字架

「キムの十字架」(明石書店)は、和田登・作の小説。アニメ映画化もされました。

アジア太平洋戦争の末期、朝鮮南部の村に育ったキム・ジェハとキム・セファンの兄弟。ある日、セファンが聖書の豆本を拾ったことから、教会に通うようになります。日本政府によりキリスト教が弾圧されていたことから、父親はセファンの将来を心配して、遠くの鍛冶屋に預けます。数年後、ジェハは日本に強制連行され、松代の大本営工事現場で働きます。

戦後、朝鮮人労働者たちは解放されましたが、ジェハは帰国寸前に、セファンもこの大工事の別の現場に連行されていたことを知ります。必死にセファンを探し回ったが、セファンは鍛冶屋の親方の身代わりとなって日本に来て、今度は同胞の身代わりとなってダイナマイト爆死していました。それを知ったジェハは、壕内の岩盤に心を込めて十字架を彫り、やがて、弟の魂は故郷に帰りました。

小説のラストシーンでは、日本人牧師が、弟が板切れに書き残したハングル文をジェハに教えます。朝鮮人には日本語教育が強制され、ハングル文字が読めなかったのでした。


続きを読む 0 コメント

猫がくれたメッセージ。「知らない」ということが、何よりも、差別につながる(安保関連法に反対するママの会信州・上田市のアベさん)

私がこれまで、安保関連法案に賛成する方のお話しを聞く中で、気になっていたことがあります。

それは、差別する心を感じる、ということです。

 

どこかの国が攻めてくるという話もありますが …

戦争をするということは、人を人として扱わないということです。

日本国憲法で謳っているように、人を個人として尊重するならば、戦争というものは起こせないと思います。

だから、戦争を肯定する時点で、もうそれは差別なんだと思います。

そんなことに思い当たってから、私は、自分の中にも、差別する心が無いように、と思ってきました(元々、差別は良くないと思ってはいましたが)。

猫がくれたメッセージ

 

猫の話をします。

 

安保関連法案が通りそう、ということでバタバタしていた8月、うちに一匹の猫がやってきました。野良猫です。野良なんですが、妙に人懐こくて、三日三晩、家の前でにゃーにゃー鳴き続けました。

私はそれまで猫を飼ったことが無かったのですが、うちに居たいのかな、と思い、飼うことにしました。

お医者さんに連れていき、病気を持っていないか診てもらい、飼いはじめました。

 

それからほどなくして、私のお腹に赤ちゃんがいることがわかりました。

友人と話しているときに、友人が言いました。

「トキソプラズマって危ないよね。猫が媒介するんだよね。」

私はその時、トキソプラズマについてはよく知らず(前に一度調べたけど、関係ないやと思って忘れていました)、「猫」「胎児に影響がある」「障害が残る」そういう不安だけが煽られて、私は猫を避けるようになりました。

猫が寄ってこないように追い払うようになりました。 

だけど、ずっと悶々としていました。

不安なんだけれど、本当はどういうものなのか。

日常の忙しさを理由に後回しにしていたけど、調べはじめました。

そうしたら、確かに、猫が媒介するけれど、それは、猫自身が感染した後10日間くらいの便が危ないのだということでした。

便にさえ気をつければ大丈夫なのです。

(注:トキソプラズマの感染源は、猫の便以外にも、生肉などがあります)

それを知ったとき、私は、「あぁ、これが差別なんだ」と思いました。

 

「知らない」ということが、何よりも、差別につながります。

知らなくて、不安だけが煽られて。

自分が差別しているとは思っていなくても、それが差別なんです。

私は、これは、猫がくれたメッセージだと思いました。

 

「不安」をかき消すには、「知る」しかない

続きを読む 0 コメント

「"ウチの子どもはころさせない”では、平和を守れない」ー平塚らいてうが愛した信州・うえだから物申す(3人の子どもを育てるアベさん)

上田市に住む、3人の子どもの母です。

安保関連法を廃止してほしいと思っています。

民主主義を踏みにじるやり方で成立させてしまった、自民党をはじめとする国会議員の方々には、国会からご退場いただきたいと思っています。

 

いろいろ言いたいことはあるけれど、今日は、政治について声を挙げることについて、お話したいと思います。

 

私はこうして、友達、ママ友達とのつながりをベースに、その他にも大勢の人たちに支えられて、声を挙げています。集会を開いたり、デモやスタンディングに参加したり、署名したり、国会議員にFAXしたり。

 

こうした中で、たびたび、ママたちが、家族をはじめとする周囲の理解を得られなくて、苦しむ声を耳にします。

「こどもをそんな場所に連れ出すなんて」「子どもたちのためだと言って、自分のこどもを犠牲にしてる」「家事がおろそかになってる」

特に、家族に言われるのが一番こたえます。

私も、実母に言われました。

「こどもが小さいうちは、やりたいことを我慢するのも必要」

「なんであなたが、行かなきゃいけないの?」

 

やりたくてやってるわけじゃない。

でも、今、声を挙げなければ、子どもたちが、戦争に巻き込まれることになるかもしれない。

私が行かないで、誰が行くの?

ひとりが動かなければ、何も動かない。

具合が悪くて、子どもが熱を出して、動けなくて苦しんでいる人もいる。

ママたちのデモや集会は、一見、楽しそうに見えるかもしれません。

それは、ママたちが、やるせない現実の中でも、楽しさを見つけようと、工夫しているから。

ママたちが笑顔でいることが、子どもたちの笑顔につながることを知っているから。

 

子どものこと、家庭のことを心配して言ってくれているのがわかるから、ママたちは苦しみます。

 

でも、ママたちは、わかってしまったんです。

「ウチの子どもはころさせない」では、平和を守れないことを。

「ウチの子ども」を守るかのように聞こえる決まりごとがあったとしても、「ウチの子ども」が誰かの子どもをころすことになるかもしれない。それは、回り回って、「ウチのこども」がころされることにつながりかねません。

「ウチのこども」じゃ足りないんです。「だれの子どももころさせない」決意が必要なんです。

 

今のは安保関連法案の例でしたが、他のことだって同じです。

TPPは、農家の人だけの問題じゃない。

特定秘密保護法は、メディアの人たちだけの問題じゃない。

派遣法だって、マイナンバーだって。

政治は生活に直結しています。

 

「特定の人が困るだろうけど、自分は困らないから良い」

「決められたことなんだから、従うしかない」

それじゃあ、自分も、子どもたちも守れないんです。

 

今まで政治に関心が無かったようなママたちが、声を挙げはじめて、周囲も戸惑っているのかもしれません。

でも、私たちの声を聞いてください。

私たちも、お母さんたちの子どもです。

考えて、考えて、行動しています。

お母さんたちに、理解してほしい。

そして、いつか、理解してもらえると信じて、声を挙げ続けます。

 

(10月13日、上田市内でのスタンディングアピールで)

110 コメント