立憲主義を取り戻し、一人一人の幸せが共有できる政治を

憲法カフェ「そもそも立憲主義ってなに?」(12月2日、長野市)

一般国民が法律を守るように、政治家や官僚などの権力者は、憲法を守らなければいけません。憲法は国家としての根本的なルールであり、法律とは社会の秩序を守るための憲法にもとづくルールだからです。

憲法は権力をしばるもので国民をしばるものではありませんが、1つ、憲法が私たち国民にしなさいと言っていることがあります。権力を縛る憲法を不断の努力で守りなさい。ということです。

 

権力が憲法を違反したとき注意するのは、私たち国民一人一人です。

ですから、現在の安倍政権の暴走を見逃すわけにはいきませんし、憲法を学び、監視しなくてはなりません。政治家や企業のモラルが低下し、世の中が乱れている原因の一つは、憲法を踏みにじったり、無視しているからです。もっと好き勝手にふるまいたいために、憲法を変えたくてしかたがないのです。

 

今憲法9条の2項は残して自衛隊を明記するという話が出ています。2013年につくられた自民党の憲法改正草案には9条に「国防軍を保持する」としています。憲法9条を変えることについては昔から国民の反対が強い問題ですが、「自衛隊」は「国防軍」ではないからいいのでは、と思う人がいるかもしれません。

 

しかし、安倍自公政権がゴリ押しした、憲法違反の安保法制によって集団的自衛権を認め、自衛隊は海外で戦えるようになっています。「国防軍」というものに名前が変わらなくても、「自衛隊」という名の「軍隊」として海外派兵や武力行使が合憲的に行われるようになります。法律の世界では「後から作った法律は、前の法律に優先する」ことが一般原則とされます。今までの9条2項は自衛隊の明記に優先され、無いに等しくなります。

自衛隊員の命は9条によって護られてきました。安倍首相や日本会議のいう、自衛隊の名誉のために9条に明記する、というのは自衛隊員の命とひきかえにするということになります。自衛隊員の命と名誉、どっちが大切でしょうか。私たちは、自衛隊員が海外で戦闘に加わり命を落とすことを望んでいません。

 

いまの憲法は、個人の幸福のための、個人の尊厳を守るための、政治をしなさい、法律をつくりなさいと決めています。そのために、「国民主権」があり、「基本的人権」があり、「平和主義」があります。安倍内閣の人たちは、『北朝鮮のミサイルや核をどう思うか』という点から議論を起こし、危機感を煽って戦争のムード、改憲ムードを高めようとしていますが、憲法の精神に立つならば、国民の命を第一に考え、戦争を起こさないように平和的解決を求めることこそ、日本の政治、外交のありかただと思います。

 

憲法を身近に感じることで、生活が変わると思います。物のミカタが変わると思います。モット自由に生きられるようになると思います。

私は、戦争をしたくありません。誰の子どもも、大切な人も傷ついてほしくありません。

武力では、憎しみしか生まれません。命があるから明日がある、夢が持てる、希望が持てる。

私は、今日より明日、明日より明後日、幸せになりたいと思います。

そのためにも私たち国民の事を、国民の命を大切にする政治を求めます。憲法を守る政治を求めます。

私は立憲主義を取り戻し、一人一人の幸せが共有できる政治を求めます。力いっぱい声を上げ続けたいと思います。

続きを読む

【安倍政権には改憲させない】プラカード

ダウンロード
安倍改憲やだやだ.jpg
JPEGファイル 105.2 KB
ダウンロード
安倍政権には改憲させない.jpg
JPEGファイル 142.2 KB
ダウンロード
武力で平和が守れるなら.jpg
JPEGファイル 66.1 KB

ダウンロード
米朝対話の背中を押そうよ.jpg
JPEGファイル 60.7 KB
ダウンロード
自由に平和に生きていきたい.jpg
JPEGファイル 62.6 KB
ダウンロード
主権者は私ですが.jpg
JPEGファイル 64.5 KB

ダウンロード
心の真ん中に憲法.jpg
JPEGファイル 74.2 KB

続きを読む

信州ママラップ~先人たちの声を永遠に語りつぐよ~

武器を持たぬことを伝えた

先人たちの声を永遠に語りつぐよ~(「平和の鐘」より)

チェケチェケラッチョ~

 

安倍政権にもの申す

ここ信州長野(上田)からもの申す

 

あいかわらずの安倍政権

言葉巧みに国民あやつり

戦闘機をばく買いしたり

おぃおぃ誰のお金だよ

誰かさんの誘いにのっかって

何でも買って反感かって

それでも暴走とまらない

 

平和のためと言うけれど

戦いで戦いは終われない

平和のためと言うけれど

そこに愛はあるのかーい?

平和のためと言うけれど

アベさん、それじゃあアベコベだ

 

ねぇ、満蒙開拓、知ってるかい?

何十年も前のこと

国に言われて渡った先

平和を求めて行った先

幸せ求めて行った先

待っていたのは哀しみばかり

お国を信じて渡った先

そんなにいうならアナタが行けば!

待っていたのは苦しみばかり

平成の今では安保法

 

戦争へ行かない人たちが

勝手に決めたキケン法

憲法9条守ってYo!

 

やさしい言葉で油断させ

難しい言葉でごまかして

でも!私たちはダマされナイ

いいかげんに終わりにしない?悲劇の歴史つくるのは

いいかげんに終わりにしよう

アベ政治の暴走とめYo !

国民はコマじゃない

政治家のコマじゃない

私たちはダマされナイ!

真実みつめる目を肥やせ

 

声をあげなきゃ認めること

声をあげなきゃ二の舞Yo!

もう、二度とつくらない

悲劇の歴史つくらない

 

戦いで戦いは終われない!

皆で目指す民主主義!

皆で幸せになる政治

声を出して立ち上がろう

 

私たちの未来のため

子どもたちの未来のため 

続きを読む

何気ない日常の一コマにも、憲法が息づいている(安保関連法に反対するママの会信州・杉崎美幸さん)

こんにちは。安保関連法に反対するママの会信州の杉崎美幸です。お隣東御市で、小学生と中学生の息子を育てています。

安保関連法に反対するママの会信州は、長野県内で安保法制・改憲に反対する活動をしているママたちのゆるやかな繋がりです。会とはいっても、代表者や事務局はありません。小さな子どものいるママが多いため、会議などは主にSNSでやり取りをして、様々な企画や打ち合わせをしています。ママの会の約束は、子ども・家庭が一番。できる人ができる事をできる場所でできるだけ。子育てしながらでも参加しやすい形での活動を考えています。

今までの主な活動としては、議員や候補者との座談会、集会や毎月行っているスタンディングアピール、公園で子どもを遊ばせながらお弁当を食べながら暮らしや子育て政治の話をするピクニックアピール、託児付きの憲法カフェ、リーフレットの作成、選挙の際の野党統一候補擁立の政党への要請、アピール作成などがあります。

私は活動の中で聴いた、ある女性の戦争体験の話が忘れられません。その女性は、満蒙開拓で満州に渡り、敗戦後日本に引き揚げて来る際に、連れていた赤ん坊が泣いたらソ連兵に見つかって殺されてしまう、一緒に逃げている人達も皆殺しにされてしまうからと、我が子の首を絞めて殺したという話でした。聴いた時はその哀しさ苦しさになんと言っていいか分からない言葉にならない想いに、ただ泣く事しか出来ませんでした。私は戦争を知りません。わかるなんて言えません。でも、事実を聴き想像し、学び考えることはできます。戦争で傷ついた人達が憲法9条の条文を知って、本当の戦争の終わりを感じ、もう二度と戦争しないことに心から安心でき嬉しかったのだと聞きました。私は命を産み育てる母として、当時我が子を守れなかった、失ってしまった母達の想いを聞き、その戦争体験を9条への想いと共に伝え守り残したいと思っています。

安倍首相は今の憲法をみっともないと言いますが、この憲法があったからこそ、戦争に繋がる動きへの歯止めになってきたのです。

また、改憲で安倍政権が壊そうとしているのは、9条だけではありません。個人の尊重・個人の幸福追求を保障した13条。私はこの13条が大好きです。その人がその人らしく大切にされしあわせに生きていく権利。この13条は、過去の戦争で「お国のため」とひとり一人の大切さを犠牲にしてしまった反省の上にできました。もう絶対に、2度と手放してはいけない大切な権利です。

私たちの活動の原動力は愛です。子どもたちが真っ直ぐに夢を持って生きていける未来を守りたい。家族の穏やかな暮らしを守りたい。平和に自由に言いたい事を言って生きていきたい。これが私たちの想いです。

しかしこの間、戦争法に加えて共謀罪の強行採決、教育現場や家庭への政治の介入、改憲…日本はどんどん悪い方向に進んでいっています。安倍政権の下では私たち国民はしあわせに生きていけません。経済優先で安全意識の欠如した政治では、子どもたちの未来は危険で窮屈なものになってしまいます。

普段はあまり意識することのない憲法も政治も、私たちの暮らしと繋がっています。私は子どもたちの命と心と未来を守りたい。

私が望んでいるのは、「日が暮れたら、子どもは遊び疲れて、大人は仕事を終えて、みんな家に帰ってきて、家族で食卓を囲み夕ごはんを食べる」…そんな当たり前の何気ない日常です。そんな穏やかな暮らしが子どもたちにも孫にもその先もずっと続いていって欲しい、ただそれだけです。この何気ない日常の一コマにも、憲法が息づいています。

子どもたちの自由な育ち、大人の働き方、温かな部屋での十分な食事。個人の尊厳が守られ、心も体も搾取されない、生存権が保障された社会。平和で自由な、ひとり一人の命を大切にする政治。それが壊されてしまいそうな今、私達はできる事を探し行動しています。

難しい憲法の条文も、わかりやすく暮らしの中の言葉で伝えられたら、もっと多くの人達が、暮らしが憲法に守られている事に気づけるんじゃないかな?その大切さに気づくんじゃないかな?…と感じています。伝わりやすい言葉、伝わりやすい方法を探し考えながら、平和のための行動を続けていきます。

国民主権をうたい、権力を縛る今の憲法を私たちは使いこなし、一人ひとりの命が尊重され、しあわせが共有できる政治を求め声を上げ続けていきたいと思います。

続きを読む

憲法のもとで成長した私は76年後の今朝、想いとたまごやきをお弁当につめて、平和のためにできることをしています(安保関連法に反対するママの会信州・山本妙さん)

こんにちは、私は上田市に住む主婦です。小学二年生の双子を育てています。

私は、毎朝たまごやきを焼いています。

パパのお弁当に、みんなの朝ごはんに、子どものお弁当がある日はいくつも焼きます。

といた卵をくるくるていねいに巻いて、きれいに仕上がった日は朝からなんだかとてもうれしい。

反対に、うまくできなかった日は一日残念な気分になります。

毎日たまごやきを巻きながら、きっと昔のお母さんも私と同じだったんだろうな、と思います。

戦争があったからって、みんながみんな狂気に走っていたわけじゃない。

苦しいなかでもお母さんが家族にそそいだ愛情は同じだったはずです。

 

もし、いま、戦争になって、夫が「きまりだから」と言って、外国に戦争に行ってしまったら、とてもつらいです。

そしてそれ以上に、いま8歳の息子や娘、子どもたちが「戦争は悪いやつをやっつけることなんだ」という言葉を当たり前のように教えられて、「国のためにひとの命を奪う、自分も死ぬ」ことをなんとも思わなくなってしまうのは、私には自分が死んでしまうこと以上に耐えがたいです。

戦争は、大義名分をつけた人ごろしです。

どんなにきれいごとを言ったって、人が人をころす、それ以上でもそれ以下でもありません。

私は、子どもを産みました。命を産みました。

命を産み、育てる、これが人同士ころしあうためのことだとは、思いたくありません。

 

私は毎朝、たまごを焼きます。お弁当につめて、一日お仕事がんばってね、学校で楽しく元気に過ごしてね、という思いも一緒につめます。

昔のおかあさんもきっと、同じようにお弁当をつめていたと思います。でもそこに「国のために人をころしてこい、死んでこい」という気持ちはつめていなかったと思います。

だけど、言葉では言わなきゃならなかった。人をころしに駆り立てられていく夫や息子に「おめでとう、ばんざい」……私は、絶対に絶対に、言いたくありません。

 

戦争の話をするとよく「昔の人は考えがおかしかったからだ」と聞きますが、本当にそうだったでしょうか。確かに国の中を流れる言葉はそうだったかもしれませんが、私たちが暮らす今の日常と、ひとの気持ち、家族や友人を愛する気持ちはそんなに変わっていなかったと思います。

それなのに、あんなにつらく苦しい思いをした人がたくさんいたのは、抵抗できなかったから。

戦争をしたがる国家や政府に従うしかできず、抵抗する手段を奪われてしまったから。

いやだと言うなら、今だと思います。抵抗する手段のある、今だと思います。

いまの政府がこれまでに決めてきたことは、戦争のことを私たち国民に秘密で進めてしまえる仕組み、外国同士の戦争に日本が首をつっこめるきまり、戦争に反対する人たちをつかまえて黙らせてしまうための準備です。

このあと、絶対に戦争はしないという大きなきまりごとも、変えてしまおうとしています。

私たちは自由に生きていっていいんだというきまりも、なくしてしまおうとしています。

このままでいくと、また私たちは同じ道を歩んでしまうのではないかと、とても恐ろしく悲しい気持ちです。

 

お子さんのいるお父さん、お母さん、考えてみてください。

自分の子どもが、外国の人に対して「あいつらをころしてやりたい」なんて恐ろしいことを平気で言ってしまうのは怖くないですか?

まだ結婚していない、彼や彼女がいる人も、想像してみてください。

将来、結婚して相手や子どもが人をころしに行くことを、それを悲しむこともできないことを。

お孫さんのいらっしゃるおじいちゃん、おばあちゃんは、この国はそう遠くない過去に実際、そういう国だったということを肌で感じていらっしゃるはずです。

戦争で得をする国民は、一人もいません。得をするのは国家や軍需産業に手を染めている企業だけです。けれど死ぬのは、傷つくのは得なんてひとつもしない、私たち国民なんです。

けんかはしても、仲直りできます。戦争は、仲直りする前に人が死にます。

 

人間、どうやったっていつか最後のときはきます。

それまでに私は私らしく、子どもたちにも自分らしく、自由に平和に譲りあって幸せをわけあって生きていきたい。

そしてやがてくるそのときに、私は生きていてよかったと、あなたがいてくれてよかったと言えるような、少しでもあたたかい気持ちでいきたい、送りたいと思っています。

 

76年前の今日、たまごやきを焼きながら普通に過ごしたかったお母さんたちは、戦争を止められませんでした。

でもいま、そのお母さんたちの気持ちを受け継いだ憲法のもとで成長した私は76年後の今朝、想いとたまごやきをお弁当につめて、平和のためにできることをしています。

アピール「子どもたちの未来のために、安倍政権には改憲させない」

続きを読む

私たち市民が、憲法をとりもどす歴史的な闘いの始まり(保育園長の藤原さん)

続きを読む

「憲法違反の共謀罪。政府も国会も憲法を遵守しなさい」(岡田和枝弁護士のスピーチ)

みなさん、共謀罪は憲法の問題です。

共謀罪は、憲法で保障されている私たち国民の人権を、憲法より下にあるはずの法律で侵害するものです。

共謀罪は憲法の問題であって、私たち国民すべてに関わる問題であるということを、今一度、思い起こしていただきたい。

 

多くの方々が指摘しているように、共謀罪によって、監視社会が到来する、国民が萎縮してもの申すことができなくなる、そういう社会になるおそれがあります。なぜなら、ある団体が正当なものから犯罪集団に一変したか否かは、正当な団体の段階から、常時監視していなければわからないし、市民の語らいが、ただのたわいもない話なのか、犯罪の計画をたてているのかは、聞いてみなければわからないからです。

共謀罪は、私たち国民を日常的に監視することを警察に許す法律なのです。

 

では、そういう社会になってしまった場合、どんなことが起きるのでしょうか。

改憲がいよいよ現実味を帯びてきましたが、私は、共謀罪は改憲の際、猛威をふるうのではないかと思っています。

たとえば、改憲に反対するために、正当な方法でのデモの計画をたてた場合に、共謀罪の対象犯罪である組織的威力業務妨害罪の共謀の疑いがあるなどとして捜査がなされれば、改憲に反対する運動は一気に萎縮し、そういうことに関わらないほうがよい、という空気が生まれるかもしれません。国民投票には、最低投票率の定めがありませんので、投票率が低ければ低いほど、少数の賛成票で改憲が成立することになります。

共謀罪は、使い方によっては、政府の意に反する国民を取り締まるために使えてしまう、民主主義をいとも簡単に壊してしまう、非常に恐ろしい道具なのです。

 

後でしまった、と思っても手遅れです。

主権者である私たち国民が、政府に対して「憲法を遵守しなさい」と命令する側にいるはずの国民が、政府の顔色をうかがって、政府の怒りを買わないように気をつけながら、人権を侵害されても文句ひとつ言えずに、堪え忍んで生活する世の中なんてごめんです。

 

憲法違反の共謀罪を成立させてはいけません。

政府も国会も憲法を遵守しなさい。

 

以上が弁護士、岡田からの訴えでした。(長野市内での共謀罪反対スタンディングでのスピーチ、5月19日)

続きを読む

5・3戦争やだね長野集会への元自衛官・泥憲和さんのメッセージ

※泥憲和さんは、2017年の憲法記念日の5月3日にお亡くなりになりました。享年64歳。ご冥福をお祈りします。

みなさん、我が国の総理大臣が発する言葉が、ほとんど嘘であるという事実を、私たちはどのように考えればよいのでしょうか。

「TPPに参加しません」といえば、それはTPPに参加するということ。

「原発汚染水はコントロール下にある」といえば、それは制御できないということ。

「消費税増税をすべて社会保障に」といえば、びた一文国民のために使わないこと。

「日本を守るための集団的自衛権」といえば、それは日本と無関係の戦争に参加すること。

自衛隊が海外に出ても、憲法の禁じる武力行使をしないと安倍総理はいいます。

しかし何者かに攻撃されたら反撃できるといいます。

反撃するけれどそれは武力行使ではないというのです。

簡単にいえば、単なる撃ち合いと武力行使は異なるというのです。

安倍総理の発する言葉の絶望的な軽さに、戦慄せざるを得ません。

 

みなさん、戦争はペテンから始まります。

安部総理は国民に訴えています。

「北朝鮮からミサイルが飛んでくるかも知れない。中国が尖閣諸島を取りに来るかも知れない。世界はテロに脅かされている。我々に危険が迫っている」と。

ナチスドイツのヘルマン・ゲーリングがこう語りました。

「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。国民には我々が攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない」

 

私たちは、もう騙されてはなりません。

五族協和・満蒙開拓の美名に踊らされた過去を、二度と繰り返してはなりません。

アジアを見下し、日本人は優秀なのだとおごり高ぶり、自己陶酔して戦争になだれ込んでいった歴史を、しっかりと心に刻みましょう。

韓国人や朝鮮人を差別し、あざけり、敵愾心をあおる風潮がなぜなのか、誰がそのような運動を起こし、誰があおりたて、誰が応援しているのか、その理由と背景は何なのか、

安倍内閣のメディア支配、メディア操作を許さず、目を見開き、耳を澄まして、真実と嘘を見分ける力を、私たちは養いましょう。

 

難しいことではないのです。

「戦争反対、憲法まもれ」の一点でよいのです。

憲法第9条は命を守る原点であり、そうであるがゆえに人権の原点です。

命と人権を守るために、あらゆる垣根を超えて、私たちも手をつなぎましょう。

暮らしの場から、街頭から、安倍内閣許すまじの声を高らかに上げましょう。

あらゆる機会に改憲派を追い詰め、安倍内閣を退陣させましょう。

心をひとつに、力を合わせ、なんとしても戦争への道を塞ぎ、かけがえのない日本国憲法を、日本と世界の未来のために、しっかりと守り抜こうではありませんか。

泥憲和(元自衛官)


4 コメント

「戦争をなくすために必要なこと」(戦場カメラマン・石川文洋さん)

 人間というのは、月や宇宙にも行くし、深海にも行ったりするというすぐれたところもあるのに、過去の戦争の教訓を生かせない、愚かな点もあると思っています。

 

かつて日本の戦争が終わったときに、あれだけ「戦争はしない」と憲法九条をつくって、私も終戦のとき、小学校二年でしたが、本当に戦争というものは絶対にダメだと思いました。それが今、政府の人もそうだけど、一般の人も戦争からかなり離れてますよね。戦後直後のように、「戦争は絶対にイヤだ」とはなっていない。口ではそう言っていても、行動として、選挙で戦争をする国をつくろうとする人たちを選んでいる。それは戦争の教訓を生かしきれていないからだと思います。これは日本人だけでなくて、世界でもそうだと思います。

 

ベトナム戦争について、米国防長官だったマクナマラ氏が回顧録で、なぜアメリカが敗北したかを分析し、ベトナムの文化や民族を理解できなかったことだと書いていますが、私は戦争というものは相手を理解しないというところが大きな原因になっているというように思います。

日本の戦時中、私は沖縄人でありながら、朝鮮人を差別したり、アメリカ人については「鬼畜米英」と赤い顔してツノが生えたポスター、今でも私、覚えていますよ。そういう相手を理解していないことが戦争につながる。ベトナム戦争のときでも、アメリカ人はベトナム人は人間より落ちる土人、目がつりあがってですね、もう人間を人間として思わないで相手を殺していく。

戦争をなくすためには相手の国の一人ひとりの人間にはそれぞれの人生があるんだと、一人ひとりの人間を理解していくことです。軍事力では解決できません。軍隊は抑止力にならない、戦争をなくすためには地球上から軍隊をなくすことだと、軍隊がある以上戦争は起こるというように思っています。

 

私は日本の戦争がどういったものであったかを学びなおすことが大切だと思っています。そして私は、一人ひとりの人間の善意というものは信じています。そこに私は希望をもちます。この講演会に参加している人たちは戦争に反対してくれています、日本にも戦争に反対している人はたくさんいます。心強く思います。そういう人たちが広がって戦争はなくなる方向にすすんでいく、そう信じています。

 

続きを読む 26 コメント

伊藤千尋さん講演『今こそ九条を活かすときー世界が求める真の積極的平和』(戦争する国にさせない 12・11ながの市民のつどい)

続きを読む 0 コメント

自民に投票していた私が、安倍政権に鉄槌を!と思うようになったわけ(上田の母ちゃん)

続きを読む

わたしたちが「こんな人たち」になる理由。安倍政権はただちに退陣!(小学校教員のK先生)

続きを読む

虚言にはシッポがある(児童文学作家・和田登さんのメッセージ)

続きを読む